レジに並ばず、商品を持ち歩かず、手ぶらで買い物

買い物をしていると荷物がかさばったり、重くてイヤになることはありませんか?さらにレジで時間がかかってイライラすることもありますよね。そんな悩みをチャンスに変える大手文房具店「伊東屋」の取り組みを紹介します。2016年4月18日の日経MJ

文具専門店最大手の伊東屋(東京・中央)は、消費者が手ぶらで買い物できるサービスを始めた。スマートフォン(スマホ)アプリで商品の情報を読み取り、在庫の確保や商品の確保や決済ができる。レジに並ばず、最後にまとめて商品を受け取れる。買い物客の利便性を高めるとともに、店員の負担を軽減し、接客サービスの向上につなげる。消費者はスマホで「メルシーアプリ」と名付けた専用アプリを起動させ、商品の陳列棚に設置されたQRコードを読み取る。素材や色のラインアップ、在庫の有無といった情報を確認できる。気に入った商品はその場で、「カートに入れる」のボタンをタップすると、店舗のバックヤードにある在庫を確保できる。買う予定の商品を手に持ったまま売り場を回る必要がなくなる。現金での購入も可能だが、あらかじめ登録したクレジットカードで支払えばレジで並ぶ必要がなくなる。購入した商品は帰る際、2~10分程度の待ち時間でまとめて1つのフロアで受け取れる。自宅に配送してもらうことも可能。

画像:伊東屋公式ホームページから引用

関連記事

ページ上部へ戻る