中国サイトへの訪日口コミで集客

中国では、訪日個人旅行が増加傾向にある。そんな個人が頼るものが口コミ。そこで口コミをうまく活用するための記事を紹介。2016年5月16日の日経MJより。

ぴあは中国の旅行口コミサイト大手のマーフォンウォ(北京市)と連携して、日本企業の訪日外国人の取り込みを支援する。現地の人気ブロガーが日本の消費や観光地を実際に使ったり、行ったりして記事にし、口コミサイトに載せる。訪日外国人の25%を占める中国人の取り込みは重要性を増している。ブロガーの拡散力を利用して、効率的に顧客を開拓する。
「マーフォンウォ」は20歳代後半から30歳代前半の中間所得層を中心に、1億人が登録している。月に8000万人のアクティブユーザーがいて、1日に4000もの旅行記が更新される。個人旅行で日本を訪れる中国人が増えており、その際にマーフォンウォがよく利用されている。新サービスでは中国で「キーオピニオンリーダー(KOL)」と呼ばれる発言力のある一般人に日本企業の商品やサービス紹介記事に出演してもらう。日本のブロガーのような存在で、口コミサイトの記事や写真を通じてファンを獲得している。マーフォンウォは現在数百人のKOLを抱えている。

画像:マーファンウォ公式サイトより

関連記事

ページ上部へ戻る