結婚届 記念に1枚

人生の一大イベントといえば結婚。どの日に結婚届を出そうかなど夫婦で相談することも楽しいだろう。そんな幸せな記念日を、自治体もバックアップするサービスが充実してきた。

東京都大田区は婚姻届を提出したカップルが記念撮影できる場所を区役所内に設けた。「おしあわせに 大田区」の祝辞と区のPRキャラクターや飛行機のイラストなどをあしらったポスターの前で記念写真を撮影できる。利用状況などをみながら、別のデザインのポスターやパネルの設置なども検討する。区役所1階の戸籍住民課の壁にポスターを貼り付け、スマートフォンで自らを撮影できる「自撮り棒」も用意した。7日に婚姻届を提出した20代のカップルは「絶対に写真を撮ろうと決めてきたので、こういう場を用意してもらってありがたい」と話した。
同様の取り組みは他の自治体にも広がっている。足立区もこのほど、婚姻届を出した時に記念写真を撮影できるブースを開設した。独自にデザインしたパネルの前で写真撮影できる。夜間休日の受付にもミニサイズのパネルを用意する。区の担当者は「結婚式をしない人も思い出を残してほしい」と話す。江東区は6月、婚姻届や出生届を提出する人向けに撮影用ボードを区役所などに設置。港区も観光スポットの写真を載せた三角柱型のモニュメントと、座って写真が撮れるブースを区役所などに設置している。

追加:ユニークな結婚届を実施している自治体を利用するのもいいですね。
詳しくはこちらのまとめサイトをどうぞ
wedding2_160708
画像:諏訪市役所公式サイトから

記事:2016年7月8日 日本経済新聞
画像:埼玉県蕨市役所公式サイトから

関連記事

ページ上部へ戻る