人気アニメキャラ東北復興支援で一致団結

熊本地震の際に、有名漫画家が「くまモン」と自身のキャラを描いて、SNSにイラストを投稿する「#くまモン頑張れ絵」支援が話題となったが、マンガアニメ業界が東日本大震災の影響を受けた東北地方の復興支援にも乗り出した。

尾田栄一郎「ONE PIECE」、寺嶋裕二「ダイヤのA」、青山剛昌「名探偵コナン」のラッピング車両「コミックトレイン」が、7月23日から東北本線、石巻線、釜石線、磐越東線で計7日間運行される。これは東日本大震災から5年が経過した東北地方の復興支援と、地域活性化を目的とした企画「マンガでつなGO東北」の一環。「マンガでつなGO東北」の公式サイトでは「コミックトレイン」に乗車し、女川、石巻、いわき・小名浜を巡るツアーの参加者を募集している。また「コミックトレイン」の運行に合わせて女川駅、釜石駅、いわき駅周辺の会場で「コミック出版社の会」の複製原画やメッセージ入りサイン色紙の展示会も。渡辺航「弱虫ペダル」、朝霧カフカ原作による春河35「文豪ストレイドッグス」、原泰久「キングダム」、平野耕太「ドリフターズ」など各出版社のさまざまな作品の複製原画がお目見えする。

記事:マイナビニュース
画像:マイナビニュースから

3
1
2

関連記事

ページ上部へ戻る