旅行会社×ネット通販 訪日外国人を誘導

日本旅行は、外国人向けに日本の食品の通販を手がけるゴハンスタンダード(東京・港)と資本提携した。地域産品をゴハンスタンダードのサイトを通じて販売して訪日外国人を地方に誘導する考え。ゴハンスタンダードの商品を生かした観光振興策を地方自治体に提案するなどしてツアーの販売などにつなげる。

ゴハンスタンダードは2015年設立で日本食品のネット通販サイト「和食エクスプローラー」を運営する。日本旅行は第三者割当増資を引き受け3.4%出資した。出資額は約1000万円。

既存の外国人向け通販は日本酒や味噌など単品を扱うサイトが多い。ゴハンスタンダードは厳選した日本食品を総合的に扱っている。作り手のものづくりに対する考え方や素材などを豊富な英文記事で紹介するのが特長だ。欧米の消費者の関心が高く創業間もないが、集客に生かす交流サイト「フェイスブック」の登録者は3万人を超える。

提携の具体策は今後詰めるが、同社のサイトを通じて海外にいる外国人客などに地域産品を販売。その商品の産地を訪れたい人に対して産地を巡るツアーを売り込む。帰国後も地域産品を輸出販売して再訪を促す仕組みをつくる考えだ。訪日外国人は東京や京都などを巡る定番ルート以外の地方にも関心が広がっている。自治体も訪日客を誘う観光振興策のニーズが高まっている。

記事:2016年7月27日 日本経済新聞
画像:PRTIMESから

関連記事

ページ上部へ戻る