ビールやワイン、日帰りで酒造り体験

ビールやワインなどの酒造りを手軽に体験できるスポットが人気を集めている。造る面白さもさることながら、1~3カ月待てば自ら仕込んだお酒を飲めるのが醍醐味。自分だけのオリジナル酒となれば味わいも格別だろう。夏の間に仕込んでおけば「味覚の秋」にちょうど飲みごろを楽しめる。
grape2_160729
体験の2~3カ月後に大人にはワイン、子どもにはジュースが届けられる。瓶に貼るラベルは色鉛筆などで自由にデザインでき、携帯電話などで撮った写真も使用可能。料金は大人が2430円(ワイン720ミリリットル付き)、小・中学生が1890円(ジュース550ミリリットル付き)。体験は11月上旬まで実施する予定で、10月までに仕込めば、クリスマスにお手製ワインで乾杯することも可能だ。

最近はビールでも日本酒でもワインでも、小規模な事業者がこだわって造る銘柄に注目が集まっている。そんな流れに乗って、世界に一つしかないお酒を造ってみてはどうだろう。

記事:2016年7月29日 日本経済新聞
画像:2016年7月29日 日本経済新聞

関連記事

ページ上部へ戻る