訪日外国人にアプローチするならこのアプリ

訪日外国人観光客に効率よくアプローチをしていくためにはSNS戦略が重要になります。それでは、各国のアプリストアではどのようなSNSアプリやメッセージアプリが人気なのでしょうか?

今回はAppAnnieというアプリストア分析ツールを使って、東アジア各国(中国、台湾、香港、韓国)のApp Store‎(iPhoneアプリのマーケット)とGoogle Play(Androidアプリのマーケット)でのSNS関連アプリTOP5をまとめました。Google Playの集計については「SNS」と「メッセージ」という2つのカテゴリを集計しています。これは、例えば「LINE(ライン)」といったSNSとメッセージアプリの間の子のようなサービスが、

App Storeの場合:「ソーシャルネットワーキング」カテゴリで集計
Google Playの場合:「ソーシャルネットワーク」カテゴリとは別の「通信」カテゴリで集計 されているためです。
なお、ランキングは調査時点の2016年7月現在のデータです。それでは見ていきましょう。
china_160801
中国ではQQ、微博、WeChatが人気
中国のiPhoneSNSアプリではインスタントメッセンジャーアプリ「QQ」や中国版Twitter「微博(ウェイボー)」、中国版LINE「WeChat」が人気の模様です。

taiwan_160801
台湾でのメッセージアプリはiPhone・AndroidともにLINEが1位

hongkong_160801
香港ではWhatsAppがメッセージアプリとして人気

korea_160801
韓国ではカカオトーク系列のアプリが人気
「カカオトーク」とは韓国発の無料メッセージアプリです、韓国では、他のSNSを上回る圧倒的なユーザー数を誇り、「国民的SNS」とも言われています。
記事:訪日ラボ

thailand_160801
タイではLINE、Facebookのシェア率が高い
タイは「LINE」と「Facebook」のシェア率が非常に高いことが特徴です。「LINE」はメッセージアプリとして普及しているだけでなく、ECサイトでの支払いの証明にも使われるほどインフラとして機能しています。「Facebook」は人口比でタイ人の約半数がアカウントを持っており、首都、バンコクではおよそ2,000万人のユーザーがいます。

us_160801
アメリカではメッセージ&SNSでFacebookが独占
アメリカでは、その生まれ元ということだけあって、SNSでは「Facebook」、メッセージ系アプリではFacebookのメッセージサービス「Messenger」が独占状態にあります。

aus_160801
オーストラリアはアメリカとほぼ同様のランキング状況
オーストラリアもアメリカと同様にSNSではFacebookが独占状態にあります。その他のアプリについても、ほぼ同様の人気傾向にあります。

uk_160801
ようやくイギリスでTwitter関連アプリがランクイン
イギリスもアメリカやオーストラリアと同様に欧米圏での人気アプリの多くがランクインしています。特徴としては、他の訪日国ではランクインしていなかったTwitter関連アプリがAndroidのSNSアプリで5位につけていること。「Talon for Twitter」とはマイクロブログSNS「Twitter」のサードパーティークライアントアプリです。しかし、ここでも純正Twitterアプリはランクインしませんでした。

まとめ:どの訪日国にもまんべんなくアプローチするならFacebook、Instagramを活用するのが吉
2回にわけてSNSアプリのランキングをご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?
それぞれの国のランキングを見てみると、ネット規制をしている中国を除き、どの国でも「Facebook」と「Instagram」が5位以内にはランクインしていることがわかります。
Facebookでは、ページを活用することでファンを獲得すれば、訪日外国人観光客に直接リーチする場を構築することが可能です。またInstagramでは、写真の投稿が主になるので、翻訳が課題になりづらく、比較的手軽に始められるのではないでしょうか。
記事:訪日ラボ

画像:BLOGGERCENTから

関連記事

ページ上部へ戻る