旅をインセンティブにした新たな販促アイデア募集!

新たな旅行体験 プロモーションにどう生かす?!

旅行のプロモーション活用の要素としてまず挙げられるのは、旅マエに旅行者が感じる「高揚感」だ。「どこに行こうと考えるワクワク感」を活用すれば、旅ナカでの体験に「没入」しやすくなり、より相乗効果が見込まれるはずだ。

もうひとつは、旅行先で得られる体験と、商品やサービスのブランド体験をマッチさせることだ。例えば「雲海」が目玉の観光地。その光景自体はネットでも見られるが、その場で自分が写真を撮り、光景の一部になる体験は、その場でしかできない。それはカメラが持つ商品体験そのものではないか。

消費者が「目的」を達するツールとして、「旅での体験、思い出」を活用できるかという視点でプロモーションをプランニングすることが、旅行がインセンティブになるかどうかの分かれ目だ。

モニターには総額100万円分を提供 企画応募締め切りは9月30日

趣味・嗜好が多様化した日本の消費者向けに、対象者全員が喜んでもらえるキャンペーンギフト、ノベルティのアイデアはなかなか思い浮かばないもの…。

JTBでは、そうした販促担当者の悩みに応え、カード型旅行券「JTBトラベルギフト」のプロモーション、ノベルティ利用を促進している。

受け取った消費者が自分の好きな「体験」をつくれる旅行券は、業種・業態を問わず、企業の販促の場で活用が期待される。そこでJTBは8月1日、「JTBトラベルギフト」の新たな販促アイデアを募ることを目的に、『販促会議』読者を対象にモニター企業の募集を開始した。

「JTBトラベルギフト」は、5000円〜50万円のチャージ額に応じて、全国のJTBグループ店鋪やJTBのWebサイトで、1円単位で旅行代金の支払いに使えるカード型旅行券だ。

紙型旅行券と異なり、券面を自由にデザインし、企業や商品・サービスロゴ、グラフィックを配することもできる。

行き先は受け取った人の思いのまま。旅マエに「どこに行こう」と考える時間から、旅ナカの「体験」、「感動」、旅アトにも残る「思い出」といった、人の機微に寄り添い、贈り手の想いも伝えられるカード型旅行券「JTB トラベルギフト」の特性を、ぜひ斬新な切り口でプロモーションに生かしてほしい。
travel2_160806

旅行需要は回復基調に消費額は10.8%増

盆休みが近づいてきた。あるいは、日取りをずらして休暇を取る人もいるだろう。旅行の計画をすでに立てた人も少なくないのではないか。

2015年の日本人の国内旅行消費額は20兆4100億円。14年比10.8%増となった。東日本大震災前、2010年並の数字だ。14年4月の消費税率引き上げからの反動増と、15年3月の北陸新幹線の開業や、6年ぶり9月に5連休(シルバーウィーク)が発生したことも影響したようだ。

また日本人の、のべ国内旅行者数は14年比1.6%増の約6億500万人だった。「宿泊旅行」では、同比5.3%増の約3億1300万人で、「日帰り旅行」は同比2.1%減の約2億9000万人となった。旅行者数は2010年の6億3200万人からここ6年間は横ばい〜微減傾向にある。

一方で、国内旅行の一人1回当たりの旅行単価は2014年比9.1%増の3万3750円と、過去6年間で最も高くなった。「宿泊旅行」では、同比8.1%増の5万520円、「日帰り旅行」では同比3.6%増で1万5760円だった。

「たしかに旅行者は、一般に購買力があり、時間の融通が効くと考えられ、全国平均よりもモノを買う傾向にはある」と話すのは、野村総合研究所(NRI)インサイトシグナル事業部の佐藤好浩・副主任コンサルタントだ。佐藤氏は、「旅行に対する消費者マインドは決して低くない」と分析する。「国内旅行の意向は、11年の東日本大震災の後でも極端に落ち込むことはなかった。NRIで3年ごとに実施する『生活者1万人アンケート』の結果でも、国内旅行は比較的高水準で推移している。2015年も12年の水準を維持している」。

実際のところ、旅行者数は低くないレベルでおり、使う額が増える傾向にあると言えそうだ。

旅行のニーズは変化したポイントは「没入感」

一方で、消費者が旅行に魅力を感じるポイントは変化してきた。

ひところは旅行なら、「おいしいものが食べたい」「きれいな景色が見たい」といった目的が挙がったものだが、佐藤氏は「例えば全国各地の食べ物をEコマースで取り寄せられたり、珍しい光景も見るだけならばネットで可能だったり。『そこに行かなければできない』ということが少なくなりつつある」と話す。「だからこそ消費者は、ネットで買えないモノを手に入れたり、できない『経験』を求めたりするようになってきたのではないか」。

例えば過去最高だった14年度の来場者数を15年度も更新したユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)。調査会社各社の調べでは、「ここでしかできない体験ができた」「夢の国ではなく、映画撮影のセットに入り込んで臨場感を味わえる現実の場所」といった声が寄せられた。

USJのように大がかりなアトラクションでコンテンツのストーリーを伝えずとも、茨城県・大洗町の例もある。アニメ作品の舞台となった同町を訪れ、作品世界の一端を感じたいというファンが集まったことで、鉄道会社が2期ぶりに経常黒字となった。

「重要なのは、その場を訪れるだけでなく、その場でしか体験できないことに、いかに深く入り込めるか」と佐藤氏は見る。

女性30代〜40代はSNSでの評価がカギに

旅行者が、「自分で体験したこと」をソーシャルメディアで発信し、友人・知人などから反響を得られるようになったのも、最近の特徴と言えるだろう。

「30代〜40代の女性は、その傾向が顕著」と佐藤氏は指摘する。30代〜40代の独身単身世帯の女性は、バリバリ働いていて、購買力もある。ソーシャルメディアの利用率も高い。

「NRIが提唱する『おひとりさま女性』に見られるように、彼女らは、自分が気に入ったものについて投稿し、周りから評価されることを喜ぶという価値観を持っている。500万人ほどの市場になっているのではないか」。

——————————–
総額 100万円分ご提供
——————————–
プロジェクト開始!
カード型旅行券「JTBトラベルギフト」の新たな活用法を募集します。これらの「JTBトラベルギフト」の商品性を活かしたプロモーション効果をぜひ体験していただくため、これまでにないような、色々な切り口でプロモーション企画を実施いただく企業さまを募集いたします。

応募はこちらから! →http://www.sendenkaigi.com/event/jtb-travelgift/
応募は9月30日(金)まで

関連記事

ページ上部へ戻る