「7割以上がSNS投稿を意識」写真に関心高い女性

女子高生・女子大生の「スマートフォンと娯楽に関する意識」についての調査を実施。それによると、95%強の人は携帯電話やスマートフォンのカメラで「1日に1枚以上」写真を撮影。撮影時にSNSへの投稿を意識している人は、約7割に上ることも明らかになった。被写体は「友達」が最も多く、またSNS投稿意識が強い層ほど、被写体を「自分」とする割合が高かった。またダウンロードしているアプリ数は、「11 ~ 20個」との回答が最も多く、ジャンルの上位には「カメラ」「画像編集系」があがる。彼女らの写真に対する関心の高さがうかがえる結果となった。
sns_160806
sns2_160806
sns3_160806
sns4_160806
sns5_160806
sns6_160806

記事・画像:宣伝会議2016年1月号
サムネイル画像:bankerfintechから

関連記事

ページ上部へ戻る