ビジネスパートナーにもなる存在”インフルエンサー”とは

470万のフォロワーを持つ「トップインフルエンサー」
キャンペーンにインフルエンサーの参加を依頼したり、広告への出演を依頼したりすることで、多くのユーザーにリーチし、高い信頼度で情報を受け止めてもらえるようになります。

一方で、トップレベルのインフルエンサーはプロダクションに依頼する必要があり、費用も高額になります。訴求したい内容やターゲットの規模に合った人選が重要です。

もっとも大きな影響力が期待できる「トップインフルエンサー」は、テレビでもよく活動していて全国的な知名度があるタレント、モデルタイプで、ファッションの写真やプライベーとショットに注目する多数のフォロワーを抱えています。日本で最大のフォロワーを持つとされ渡辺直美さん(@watanabenaomi703)などは、2016年8月時点で470万人のフォロワーがいます。

専門のカテゴリーでファンを持つ「ミドルインフルエンサー」
「ミドルインフルエンサー」は、ファッション雑誌の専属モデルや読者モデルにあたる人達です。テレビでの露出は少なくても、専門のカテゴリーでファンを掴んでいて、影響力を発揮します。
数万~数十万フォロワー程度がミドルインフルエンサーの目安で、テーマ特化型タイプ、作家型タイプ、写真家型タイプのトップレベルのインスタグラマーも、ミドルインフルエンサーのレベルにいます。
ミドルインフルエンサーは本格的なプロとして活動をしていないとしても、プロダクションや広告代理店と繋がりがあり、仕事の依頼を受け付けている人が多いです。
ターゲットに対して十分な影響力を持つミドルインフルエンサーに依頼できれば、効果的なキャンペーンや広告が可能になります。

一般的な「人気のあるユーザー」に位置する「ライトインフルエンサー」

3階層目の「ライトインフルエンサー」は、一般ユーザーに近い「人気のあるユーザー」です。
2,000人~1万人程度のフォロワーを持つ人が目安で、フォロワーがあこがれるリア充感のある写真を投稿していたり、おもしろいテーマで注目されていたりして、投稿した写真の多くの「いいね!」やコメントが集まり、盛り上がっています。影響の範囲は狭くても、一般ユーザーと距離が近いこともあり、フォロワーの信頼度は高いです。

ライトインフルエンサーには仕事としての依頼を受けていないユーザーが多く、キャンペーンへの協力を依頼したい場合などには、個別に交渉することになります。仕事として依頼するというよりは、企画に興味を持ってもらい無料または実費程度で協力してもらう形にできることもあるでしょう。

安価に協力してもらえるのは魅力的ですが、場合によってはビジネスライクな関係に留まらず、綿密なフォローやコミュニケーションが必要になることもあります。
プロダクションではなく、ライトインフルエンサークラスのユーザーが集まったコミュニティもあります。

記事:Let’s Enjoy Life
画像:JTBコーポレートセールスから

関連記事

ページ上部へ戻る