大企業も次々導入。インスタグラム新機能「コンタクトボタン」導入事例

Instagram(インスタグラム)が一部の国で先行導入していた「コンタクトボタン」が、日本を含め全世界で導入されることになりました。「コンタクトボタン」とは、そのアカウントの連絡先が表示されるボタンのことで、海外では「コンタクトボタン」と呼ばれています。

連絡先はユーザー自身で設定することができ、メールアドレスや電話番号の他に、店舗のアカウントであれば道順を設定することができます。また、Facebook(フェイスブック)のビジネスアカウントと連携することで簡単に登録が行えるようになります。導入された海外で、企業やインフルエンサーがこの機能をどのように活用しているのか、ご紹介していきます。

企業・ショップ編
Starbucks Coffee(スターバックスコーヒー) コンタクトボタン_スタバ

insta2_160913
スターバックスコーヒーの公式アカウントでは、コンタクトボタンにメールアドレスを登録しています。メールと表示された部分をタップすると、直接スターバックスのメールアドレスが入力されたメール送信画面を開くことが出来ます。

SHAKE SHACK(シェイクシャック)
insta3_160913
日本に上陸したことで話題となったシェイクシャックもコンタクトボタンを導入。シェイクシャックではメールアドレスの他に、道順を設定しています。

insta4_160913
「道順を表示する」をタップすると地図が開かれます。ここでは、シェイクシャックの本拠地であるニューヨークが表示されました。道順の表示には、特定の店舗へのリンクだけでなく、特定の都市や地名にリンクを貼ることが出来るようです。

For Love & Lemons
insta5_160913
ファッションブランド、For Love&Lemonsのアカウントでは、上記までの「メール」、「道順を表示」に加えて「電話する」があります。

insta6_160913
For Love&Lemonsでは道順にロサンゼルスを設定しています。

insta7_160913
また、「電話する」をタップすると、For Love&Lemonsのカスタマーサービスの電話番号が表示されました。インスタグラムのトップページに電話番号が載っていることで、ネットで番号を検索する手間が省けますし、インスタグラム上の商品について問い合わせたくなった場合にもすぐにコンタクトが取れるので便利です。

City Bakery
insta8_160913
日本に上陸し、店舗を複数展開しているCity Bakery。こちらはニューヨーク店のオフィシャルインスタグラムアカウントです。コンタクトボタンには、道順、電話、メールが設定されています。

insta9_160913
こちらのアカウントが秀逸なのは、電話番号と道順が店舗のものを設定している点。このアカウントを見て、City Shopの店舗に行こうとしたユーザーは、コンタクトボタンから地図開いて店舗に行けるので、ネットでわざわざ地図を調べるという手間が省けます。また店舗に問い合わせたい場合も、コンタクトボタンから直接お店に電話をかけることができます。実店舗のアカウントでは、このように地図と電話番号を設定することで、ユーザーの来店への導線をシームレスに引くことができます。

気になる日本での導入事例は?
Tastemade Japan(テイストメイドジャパン)

insta16_160913
おしゃれなレシピ動画で人気を集めているTastemade Japan(テイストメイドジャパン)はいち早くコンタクトボタンを導入しています。連絡先にはメールアドレスが設定されています。

Sun-Kissed Box(サンキスドボックス)
insta17_160913
カリフォルニアからの毎月「お楽しみボックス」が届くサービスを提供するSun-Kiseed Boxも、コンタクトボタンを導入しています。Sun-Kissed BoxはTastemade Japanと同じく、メールアドレスのみ設定しています。日本ではまだ導入企業が少ないですが、個人ショップなどは導入するデメリットも少ないため、導入が増えていくことが予想されます。

記事・画像:COMPASS

関連記事

ページ上部へ戻る