応募殺到!真夜中の地下街でホラーイベント

真夜中の地下街を舞台にしたホラーイベント「闇商店街」が、11月6日午前1時から大阪・ミナミのなんばウォークで開催される。営業終了後の深夜にイベントを行うのは初めてにもかかわらず応募が殺到している。

 このイベントは、用意されたストーリーに従って閉店後でシャッターが閉じられた真っ暗な地下街を回遊し、ミッションクリアを目指すホラーゲーム。参加するには、なんばウォークの各店舗で買い物した3千円以上のレシート(合算可)を貼った応募用紙を同地下街内の応募箱に投函する必要があるが、80組160人の定員に対して、1400組以上の応募が集まっているという。

namba_161003

 予想以上の反響に、なんばウォーク関係者は「普段は来られないような若い人たちにも、なんばウォークを楽しんでほしい」と話している。

 10日締め切りで、抽選により参加者が決定される。参加条件は、終電後の深夜に開催されるため18歳以上(高校生不可)。

記事・画像:産経WEST
サムネイル画像:irorioから

関連記事

ページ上部へ戻る