ソフトバンク、自転車シェアリングを全国展開

ソフトバンクは11月10日、OpenStreetと自転車シェアリングシステム「HELLO CYCLING」を順次全国展開すると発表した。第一弾として、11月11日より東京都中野区において「HELLO CYCLING」を活用した自転車シェアリングサービスが利用可能になる。

OpenStreetは、ソフトバンクグループが従業員のアイデアを広く募集して事業化を行う新規事業提案制度「ソフトバンクイノベンチャー」を通じて、11月1日に設立した会社。

「HELLO CYCLING」の利用者は、スマートフォンやパソコンで登録された駐輪場「ステーション」の検索、自転車の利用予約、決済までの一連の手続きができ、自転車は、「HELLO CYCLING」に登録された全ての「ステーション」で返却可能。実際の利用は、交通系IC カードを「HELLO CYCLING」に登録しておくと、自転車に設置された操作パネルにそのIC カードをタッチするだけで「スマートロック」を開錠でき、予約をせずに自転車を利用できる。
bike_161114
営業時間は24時間で、料金は11月27日までのイベント期間特別価格で、1時間100円(税別)、1日800円(税別)。
bike2_161114
自転車シェアリングサービス運営事業者は、GPSと通信機能を搭載した「スマートロック」と専用の操作パネルを自転車に取り付けることで「HELLO CYCLING」を導入することができ、管理サイト上で利用状況や「ステーション」の空き状況などに応じた料金をリアルタイムで設定することができるという。自転車の車種は問わない。

今回のサービス提供に当たってOpenStreetは、あさひ(自転車の供給、メンテナンス)、ベクトルワン(自転車の再配置)、サイクルスポット(自転車の供給、メンテナンス)、シナネンサイクル(自転車の供給、メンテナンスおよびメンテナンス実施事業者の開拓)、JTB パブリッシング(自社サービスとの連動による利用促進)とパートナー契約を締結している。

記事・画像:マイナビニュース
画像:shopping tribeから

関連記事

ページ上部へ戻る