ヤフーと連携の藤枝市、移住意向調査 

藤枝市はヤフーが運営するポータルサイト「ヤフージャパン」と組み、移住についてのアンケート調査を始めた。首都圏・中部圏に住むサイト利用者の中から500人を選び、移住したい都道府県や移住を検討する際の条件などについて聞く。期間は30日まで。

 ヤフーを含むソフトバンクグループが進める世論調査サービスの実証実験に参加した。神奈川県鎌倉市など7つの自治体が実験に加わっており、藤枝市が県内では唯一の参加となる。

 ヤフージャパンを見ている人の一部を藤枝市についてのアンケートサイトに誘導し、質問に答えてもらう仕組み。同市はネットユーザーの意見を分析し、移住や観光面での施策に生かす。

記事:2016年11月15日 日本経済新聞
画像:まちづくり藤枝

関連記事

ページ上部へ戻る