JTB、訪日客向け保険

JTBはグループの保険会社を通じ、訪日外国人客の急病などに備えた旅行保険を発売した。主に国際会議や展示会で来日する人を対象としており、外国人を招待する国内の事業者が契約し、保険料を支払う。医療機関での治療費や、治療に付きそうガイドの費用などを補償する。国際会議などの運営者が安心して外国人を迎えられるようにする。

 商品名は「おもてなし安心プラン」で、保険料は入国から出国まで日本に3日間滞在する場合、1人につき3000円前後。各種の補償に加え、本国への搬送サービスもある。電話による医療通訳は英語や中国語など5言語に対応する。2017年からは、提携する医療機関の案内を始める。日本への短期留学生も利用できる。

 観光庁の資料によると、14年に日本で開催した国際会議は約340件。うち90件は東京で開いた。シンガポールや北京、ソウルなどより少なく、国際会議や展示会などの拡大に向けた環境整備が課題になっている。

記事:2016年11月18日 日本経済新聞
画像:Rochester Instituteof Technologyから

関連記事

ページ上部へ戻る