テレビCM購買価格 下落傾向

直近のインフレ率は既に鈍化、 2017年8月迄はデフレとなり直近インフレ率を相殺する見込み

企業のマーケティング・広告宣伝活動における費用/価格/投資対効果についての、測定/ベンチマーキング/透明化/最適化、を使命とする株式会社エスピーアイ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:道端 智之)は、独自に保有する「SPIINDEX(テレビスポットCM市場平均価格ベンチマーク)」を基に、“テレビスポットCM購買価格、地上波キー5局”について下記の分析を行いました。
(1) テレビスポットCM市場平均価格、最新市場概況(2016年9月迄確定値と前半見込み)
(2) テレビスポットCM市場平均価格、今後の予測、2016年終盤から2017年8月迄

※SPIINDEXとは
…テレビスポットCM市場平均価格ベンチマーク(テレビ地上波キー5局)
…「全スポットCM、売上とGRP」、「SPI’s cost-datapool(1995年以降100社以上)」から算出

分析結果は下記の通りです。
*なお公表している本分析は、地上波キー5局系列テレビスポット地区/局全体の合算数値、および季節性を除去した傾向値となります。
内訳としては、32テレビ地区/約110局テレビ局別、各広告主・ブランド別、時期・月別、等により異なる傾向を示していますことを御注意下さい。

(1) テレビスポットCM市場平均価格、最新市場概況(2016年9月迄確定値)
…2016年9月迄は対前年で2%程上昇、1~5月はインフレーション率が高かったが、その後は低くなっている。

(2) テレビスポットCM市場平均価格、今後の予測、2016年終盤から2017年8月迄
…2016年中盤以降はインフレーション鈍化となっているが、今後についてもインフレーションになる可能性は低く、2017年8月頃迄デフレーション傾向へ転じ、2015年終盤から始まったインフレーションを相殺することになると見込まれる。


●中期SPIINDEX傾向値予測分析、概念&手法

・当社保有「SPIINDEX」と「TOPIX(東証株価指数)」の関連性から独自統計分析手法を用いて予測
・エスピーアイでは、SPIINDEXと東証株価指数(以下 TOPIX)とは、TOPIX9ヶ月先行値において、強い相関があると分析している(図参照)。これは、TOPIXに代表される企業の景況が将来の広告予算に影響を与え、その需給のバランスがSPIINDEXに反映されていると考えることができる(図3)。
・この「SPIINDEXとTOPIXとの相関性」をベースとし、中期予測分析を実施している(図4)。
*SPIINDEXは季節性を除去した傾向値を、TOPIXはノイズを統計モデルにより除去した前年同月比の傾向値を、それぞれ用いている。

記事:@Press
画像:GATAGから

関連記事

ページ上部へ戻る