スマホによる動画視聴、10代で「ほぼ毎日」が4割超

メディアリサーチデータを提供する株式会社スイッチ・メディア・ラボ(本社:東京都品川区、代表:福羽泰紀)は、関東1都6県の15歳以上の男女約1,200人を対象に、「テレビ・動画視聴に関するアンケート」をインターネット調査で実施しました。

 昨今、インターネットやスマートフォンの普及にともない、生活者やメディアを取り巻く環境は大きく変化しており企業のマーケティングもその対応を求められています。テレビや動画の見られ方について、その変化と実態を把握し、企業の広告・宣伝・マーケティング担当者のプランニングの参考としてもらうため、今回は「オンライン動画視聴」をテーマにアンケート結果をレポートします。

<調査結果概要>
・オンライン動画を「週1回以上視聴」、パソコンで41%、スマホで30%
・スマホのオンライン動画視聴、10代では男女ともに「ほぼ毎日」が4割超
・民放テレビ局の見逃し配信サービス、「認知率は約60%、利用率は16%」

・オンライン動画を「週1回以上視聴」、パソコンでは41%、スマホでは30%
オンライン動画(有料・無料を問わない)をどのくらいみているか、デバイス別にその視聴頻度をたずねたところ、「週1日以上視聴(合計)」はパソコンで41%、スマートフォン(スマホ)で30%となりました。そのうち、「ほぼ毎日」視聴しているとの回答は、パソコンで19%、スマホでは13%でした。
movie_161124

・スマホのオンライン動画視聴、10代では男女ともに「ほぼ毎日」が4割超
オンライン動画(有料・無料を問わない)のデバイス別視聴頻度を性・年代で集計したところ、オンライン動画をスマホで「ほぼ毎日」視聴していると回答した割合は、男性10代では46%、女性10代で42%と、男女ともに10代(15歳以上)では4割超となっていることがわかりました。
movie2_161124

・民放テレビ局が提供する見逃し配信サービス 認知率は60%、利用率は16%
近年、民放テレビ各局は放送中のドラマやバラエティなどの番組を次回放送までの1週間といった期間にインターネットで無料配信するサービスを展開しています。この「見逃し配信サービス」についてたずねたところ、サービス認知は60%。そのうち、利用している人は16%という結果でした。
movie3_161124

記事・画像:PRTIMESから
サムネイル画像:あっとはっくから

関連記事

ページ上部へ戻る