横浜ベイシェラトン、外国人集客を強化 室数減らし1室を広く

横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ(横浜市)は訪日外国人の集客を強化する。2020年までに客室数を2割以上減らす代わりに、一室の面積を広げる。英語以外の外国語で対応できるスタッフを増やし、海外で普及しているカギなしで入室できる仕組みも整備する。市内でホテル新設が相次ぐ中、外国人向けサービスの強化で独自色を出す。

 改装は20年までの4年間を予定している。総投資額は25億円。第1期として、スイートルームなど高価格帯の部屋が多い24階から27階までの高層階を17年1月から改装し、同年4月に開業する。

 第1期の部分は客室数を現在の88から62まで減らす。スイートルームやツインルームを増やす一方でシングルルームをなくし、一部屋あたりの面積を広げる。第2期以降で中層階から下層階も順次改装を進め、総客室数は現在の398から308室と2割以上減らす。

 同ホテルは16年1~11月の宿泊者の約4割が外国人と、横浜駅やみなとみらいエリアのホテルでも外国人の利用が比較的多い。ビジネス旅行のほか、家族での観光なども増えており「ゆとりを感じられる広い部屋の需要が高まっている」(同ホテル)ことから、客室数を減らして1室の面積を広くすることにした。

 改装に合わせ、海外のホテルチェーンなどで利用が広がっている、カギなしで客室に入れる「キーレスシステム」の導入も進める。スマートフォン(スマホ)などに専用アプリをダウンロードし、チェックイン後に客室のドアノブ付近にスマホをかざせば、無線の「ブルートゥース」で利用情報を送信して入室できる。

 同システムの導入のため、ドアにセンサーを埋め込む作業も改装にあわせて順次進める。室内にもセンサーを配備することで、客が室内にいるかどうかを把握できる。従来は客がカードキーを室内のカードホルダーに差し込むことで在室管理していたが、ホルダーに差し込む必要がなくなる。20年の改装完了までには全館でシステムを稼働させる予定だ。

 英語圏以外からの集客拡大のため、外国語人材の採用も強化する。現在は外国人利用者のうち欧米系が8割だが、今期からサービス部門で中国語やインドネシア語、ドイツ語などを話すスタッフを増員しており、20年に向けて増員を続けていく方針だ。

 横浜駅からみなとみらいにかけてのエリアには外資も含めホテルの進出が相次いでいる。19年6月に米高級ホテルのハイアットリージェンシーがみなとみらいに、20年2月には米オークウッドが馬車道近くで開業を予定している。20年の東京五輪を控えて増加が見込まれる外国人観光客の誘客に向け、横浜の大型ホテルは独自色を打ち出す必要に迫られている。

記事:2016年11月28日 日本経済新聞
画像:横浜ベイシェラトンから

関連記事

ページ上部へ戻る