隠された『靴』を探せ! Adidasによる宝探しキャンペーン

アディダスがロシアに住む人々に宝探しの挑戦状を叩きつけました。お宝は人気スニーカー「NMD_R1」です。

欲しいなら、見つけてごらん?

毎回発売される度にソールドアウトしてしまう、アディダスのハイテクスニーカー「NMDシリーズ」。デザイン性、軽さ、フィット感、耐久性といった、シューズに必要な要素を全て備えたアディダス屈指の人気モデルです。今年の夏、このNMDより新たなカラーバリエーションを加えた『NMD_R1』が登場しましたが、発売10日前にロシアのアディダスがユニークな2つのキャンペーンを打ち出しました。一つ目は、大量のポスターを街中に貼るというマーケティング。NMD_R1と電話番号だけがプリントされた2,400枚のポスターを、モスクワ市内のいたる所に貼っていきます。

addidas2_161130

掲載された電話番号は200通りあり、その中で正解の番号が書かれているのはわずか20枚。その番号に電話をかけてきた人だけに、発売日より前にNMD_R1を購入するチャンスがもらえるという仕組みです。某所で行われたシークレット販売会には、有名なミュージシャンが登場したこともあり、その様子を収めた映像は、オンラインニュースやSNSで拡散されると1,500万人にリーチし、多くの人の注目を集めました。

そしてもうひとつは、市内82ヶ所にNMD_R1を置き、それを見つけた人にスニーカーをプレゼントするという、宝探し企画。ビルのベランダ、公園、川辺、道路など、公共の場に82足のシューズが置かれ、それぞれの場所にはカメラが設置されています。
addidas5_161130

発売日までの10日間、常にライブ映像を流し続けたところ、背後に見える景色を手掛かりに、たくさんの人がNMD_R1探しに奔走。期間中、ストリーミング映像は50万ビューを記録し、43,000件ものコメントが寄せられるなど、こちらも大きな反響を呼びました。ゲーム的な要素を加えることで、手に入れたいと思わずにはいられなくしてしまう、技ありのキャンペーンでした。

【動画はこちら】

記事・画像:markezineから

関連記事

ページ上部へ戻る