東京都への外国人客、4~6月は6.7%増。消費額は減

東京都は29日、4~6月に東京を訪れた外国人旅行者(速報値)は330万人で前年同期を6.7%上回ったと発表した。四半期で過去最高。ただ宿泊や飲食などに使った観光消費の推計額は4.5%減の2587億円で2011年10~12月以来の前年割れだった。円高や中国の関税引き上げで旅行客の消費意欲が減退しているとみられる。

 宿泊客が5.5%増の242万人、日帰り客が10.5%増の87万人だった。1人当たりの平均消費額は宿泊客が8万~10万円台、日帰り客が2万~3万円台だった。都内を訪れた日本人の観光客数は2.3%増の1億2873万人で観光消費の推計額は1%減の1兆1598億円だった。

記事:2016年11月30日 日本経済新聞
画像:産経デジタルから

関連記事

ページ上部へ戻る