「myorder」外国人来店時の電話通訳サービス開始

株式会社マイオーダー(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:角田 勝美)と株式会社ブリックス(本社所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:吉川 健一)は、2016年12月1日から「myorder」の掲載店舗において、電話通訳サービスを提供します。

「myorder」(https://myorder.style/)とは、訪日外国人にスマホを通じて外食をオススメするサービスです。訪日外国人に日本食(メニュー)情報を届け、国内外食店舗へ集客をします。日本語が話せない訪日外国人でも母国語へ翻訳されたメニュー情報からの注文を可能とします。また、独自のAI技術を通し、訪日外国人それぞれの嗜好を把握し、各人にマッチしたメニューをオススメします(次期機能)。

本サービスは、外国人顧客と店舗スタッフの接客対応において、多言語対応を可能にします。以下の例のようなトラブル対応に対して、即時にその場で電話を通じて通訳をすることでトラブルを解決することができます。

《トラブル例》
・料金、支払いに関するトラブル(税金、サービス料などを含む)
・お通し代など日本独特の慣習でのトラブル
・食事・料理内容や対応でのトラブル
・飲食店に飲み物や食べ物を持ちこむトラブル
・相席のトラブル

本サービスの利用料金は「myorder」スタンダードプランの契約があれば、電話通訳サービスのご利用件数に応じてのみの課金となります。今後のインバウンド対策の一環として、訪日外国人、外食店舗双方にとって満足度の高いサービスの提供し、2020年の東京オリンピック迄に4,000店舗への導入を目指します。なお、本サービスは、マイオーダーと、ブリックスならびにその親会社である株式会社オウケイウェイヴとの3社にて本年8月に締結した資本業務提携による提携事業の一環として推進していきます。

■電話通訳サービスの概要

  1. 対象業務:「myorder」の掲載店舗における、外国人顧客と店舗スタッフ間の電話機の受け渡しによる2者間電話通訳業務
  2. 開始時期:2016年12月1日(木)より
  3. 対応言語:英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語

記事:
画像:myorder公式サイトから

関連記事

ページ上部へ戻る