漢字×アルファベットの両方が彫られた、欧米人観光客向けハンコ登場

有限会社 文福堂印房(所在地:東京都品川区)は、漢字とアルファベットの両方が彫刻された、DUAL HANKO(以下 デュアル・ハンコ)の受注生産販売を2016年12月1日(木)に開始いたしました。

■開発の背景
日本文化の象徴として、漢字が彫られたハンコは欧米人観光客の土産品として根強い人気があります。しかし漢字のみのハンコでは誰の名前が彫られているかを欧米人が判読するのは困難でした。そこで当社では、誰でも彫られた文字がわかるように漢字とアルファベットの両方が彫刻されたデュアル・ハンコを開発いたしました。

■デュアル・ハンコとは
デュアル・ハンコは、印面の下部4分の1ほどを反転させ、そこに名前をアルファベットを白ヌキで彫り、上部には外国人の名前の読みを当てはめた2~5文字の漢字を彫ったものです。
サイズは2種類あり、16.5mm丸が¥3,000、18mm丸は¥3,500(いずれも税込)でハンコのキャップとポーチが付きます。(※ただし支払は日本円で現金のみ。)
朱肉は別売りですが、当社のSNSに写真と名前を掲載することを許諾いただいた方には、¥500の朱肉をプレゼントします。

記事・画像:@Pressから

関連記事

ページ上部へ戻る