箱根全域が宝探しのテーマパークに

体験型イベントのリアル宝探しを展開する株式会社タカラッシュ(本社:東京都江東区、代表取締役:齊藤多可志)は、 「ALL箱根観光地経営推進プロジェクト」として事業推進をしている箱根町及び(一財)箱根町観光協会と、箱根の観光施設や関連企業が参画している箱根プロモーションフォーラムと共同して、箱根エリアの各地で宝探しゲームに参加することが出来る『リアル宝探しPARK 箱根』を開催いたします。期間中は、箱根湯本・強羅・宮ノ下・仙石原・元箱根・二ノ平のエリアで、それぞれ内容が異なる10を超える宝探しプログラムを開催していきます。期間中は10月1日(土)の強羅エリアスタートを皮切りに、順次開催エリアが拡大していきます。

hakone_161206

日常の世界を非日常の世界に変える体験型エンターテインメントとして、幅広い年代が楽しめるプログラム『リアル宝探し』が箱根全域でお楽しみいただけます。『リアル宝探し』とは自分の力で「何か」を探し出し、「発見の感動」を体験するイベントで、宝の地図の謎を解きエリア内に隠された宝物を発見する純粋な宝探しから、暗号を解読して犯人を探し出す探偵ゲームのようなものまで、様々なイベントがあります。

本イベントでは、ファミリーにおすすめのコースから、カップルや友人同士など大人が楽しめるコースまで、バリエーションに富んだコースを用意しており、箱根に初めて訪れる方はもちろん、何度も箱根に訪れている箱根ファンの方々にも、箱根の魅力を再発見していいただける内容となっております。また、箱根で観光需要の多い秋の行楽シーズンに開催することから『観光を冒険に』をキーコンセプトに、宿泊客も日帰り客も箱根の観光を楽しみながら、宝探しのワクワクや宝箱を発見する感動を体験出来るプログラムを提供していきます。また、今回のように、1つのエリアで複数の宝探し・謎解きイベントを同時に開催する仕組みは、弊社ではかつてない最大規模の試みとなり、新しい観光地活性の形を作り上げていきます。

hakone2_161206

■10月1日スタートする強羅エリアについて
「リアル宝探しPARK 箱根」は強羅エリアを皮切りにスタートしていきます。第1期エリアとなる強羅では3つの宝探しコースをご用意しました。

○WELCONE TO GOLAND ~金のねじまきを取り戻せ~
大人から子どもまで楽しく参加出来るファミリー向けの宝探しコース。何者かに奪われてしまた「金のねじまき」を探し出す、ファンタジー宝探し。参加費は無料。

○HEART OF GOLAND ~夢の国の闇を暴け~
「WELCONE TO GOLAND」の続編。少しだけ難易度が高くなった謎を解き、金のねじまきを奪った犯人を見つけ出す、推理系宝探し。参加費は300円。

○強羅公園 ヒミツのパスポート
強羅公園内で謎解きをしながら回遊する、大人向けプログラム。可愛らしいデザインをした参加キットを手に、一癖も二癖もある難解な謎を解き明かしていきます。参加費は1,500円。(入館料は別途必要)

記事・画像:PRTIMESから

関連記事

ページ上部へ戻る