地域のお手伝いをして「特産品」がもらえるサービス

北海道十勝19市町村は、十勝地域の企業や農家の仕事を手伝い、お礼として「特産品」をもらえるクラウドソーシング「肉(ニク)ラウドソーシング」を開始しております。この度、応募検討者やプロジェクトに興味のある方に向けた、第二回マッチング会を2016年12月19日(月)に開催いたします。

Facebookページ「肉(ニク)ラウドソーシング」

【「肉(ニク)ラウドソーシング」とは】
物々交換系クラウドソーシング「肉(ニク)ラウドソーシング」は、地域のお手伝いをする代わりに肉などの「特産品」がもらえるサービスで、2016年9月1日に開始しました。特定のスキルを持った人材の確保が困難な地方の企業・団体と、スキルが高く地域貢献へのニーズが高い人材をマッチングさせることで地域貢献や地域活性化につなげることが目的です。「お金はそんなに出せないがおいしい食べ物ならたくさん出せる」地域の農家や企業が、地域貢献や地方のプロジェクトに興味のある人材に対して、お金ではなく特産物をお礼に仕事の依頼をできるような仕組みを提供します。

第一のプロジェクトは、北海道十勝19市町村に所在する企業・団体の3案件のお仕事からスタート。募集方法はシゴト交流サイト「Wantedly」を活用しています。「肉(ニク)ラウドソーシング」をきっかけに、地域に関わりたい首都圏人材と地方の企業や農家が出会い新たなコミュニケーションが生まれ交流人口が増えること、地方の特産品の付加価値化や地方企業の情報発信力が向上すること、また「十勝は食べ物だけじゃない。暮らす場としても面白い地域、十勝」の魅力の訴求を目指します。

記事・画像:@Pressから

関連記事

ページ上部へ戻る