地吹雪体験ツアー、地域拡大へ

青森県五所川原市の冬の観光「地吹雪体験ツアー」が今シーズンから同県の今別町、鰺ケ沢町、平内町でも実施される。同ツアーが今冬30周年となるのを機に実施地域を広げ、青森県の冬の観光の目玉にする。

 2017年1、2月に3町の企業・団体がそれぞれ1日実施する。それぞれのツアーは各地で趣向を凝らす。今別の今別荒馬の里資料館は伝統芸能「荒馬」を雪原で踊る。鰺ケ沢の温泉旅館グランメール山海荘は雪原にメーセージを描く。平内の夏泊スノービーチ体験協議会は海水浴場に寝そべり日光浴をするツアーを行う計画だ。

 地吹雪体験ツアーは上半身を覆う大型の肩掛け角巻きと、かんじきを身に付けて厳寒の雪原を歩く。津軽半島中央部の旧金木町(現五所川原市)で1988年に始まった。16年は台湾やタイなど外国人の参加者が日本人の3倍超の182人となるなど、近年は外国人観光客に人気だ。

記事:2016年12月13日 日本経済新聞
画像:stonypointから

関連記事

ページ上部へ戻る