マーケ担当者が注目した2016/2017のキーワードは?

ジャストシステムは、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『マーケティングトレンドに関する調査 【2016年版】』結果を発表した。この調査は、12月7日~12月12日に「企画、マーケティング、広報、販売促進、市場調査・分析(リサーチ)の職種に従事している」と回答した全国の20代~50代の男女479名を対象に行ったもの。それによると、2016年に注目したキーワードは、1位が人工知能・AIで38.8%、2位がポケモンGOで36.7%、3位がドローンで32.4%。以下、IoT(26.9%)、VR/AR(25.1%)、動画メディア(18.2%)、動画広告(16.3%)と続く。

一方、2017年に注目するキーワードは、1位が人工知能・AIで38.6%、2位がIoTで25.3%、、3位がVR/ARで24.0%。以下、ビッグデータ(21.3%)、ドローン(17.7%)、動画メディア(13.4%)、ウェブ接客(12.5%)と続く。

マーケティング担当者の情報源は、1位「Webサイト」、2位「テレビ」で、マーケティング担当者が情報源にするSNSは、Facebookが約8割でTwitterを上回る。

記事・画像:マイナビニュースから
サムネイル画像:testeachから

関連記事

ページ上部へ戻る