11月の訪日外国人、13.8%増の187万人

日本政府観光局が21日発表した11月の訪日外国人客数(推計値)は、前年同月比13.8%増の187万5000人だった。11月として過去最高を更新した。紅葉観光や見本市を目的とした東アジアからの客が増えた。中国や香港、韓国などとの航空路線の増便も寄与した。1~11月累計では2198万8000人と前年同期比22.4%増えた。

11月の国・地域別では中国が19.2%増の43万2800人と最多だった。クルーズ船の寄港数が増え「クルーズ船での来港が一般的になってきた」(日本政府観光局)という。韓国は18.6%増の42万6900人、台湾は1.4%増の30万700人だった。12月には学校が休暇に入る東南アジアや、クリスマス休暇中の欧米からの訪日客の増加が見込まれる。

記事:2016年12月22日 日本経済新聞
画像:abc7newsから

関連記事

ページ上部へ戻る