マリオになって大阪の街疾走!外国人観光客の予約殺到

大阪城や通天閣など大阪の名所を、スーパーマリオやピカチュウなど人気キャラクターのコスプレをしてカートでめぐるツアーが、外国人観光客を中心に人気が高まっている。10月のサービス開始後、香港の観光サイトで取り上げられ、SNSで話題になるなどして予約が殺到。訪日外国人客(インバウンド)市場が拡大する中、大阪の街をキャラクターになりきって疾走する“リアル体験”が新たな観光スタイルになっている。

海外サイトに掲載、連日予約絶えず

運営するのは、ツアー企画会社「マリカー大阪」(大阪市福島区)。本多洋二朗社長(30)が10月に始めた。使用するカートは普通運転免許証や国際免許証などがあれば誰でも運転可能。レンタルコスチュームはマリオやピカチュウ、ハローキティなど人気キャラ約50種を用意した。

記事:産経ニュース
画像:マリオカートアーケードグランプリDXから

関連記事

ページ上部へ戻る