訪日外国人は夜ヒマ? 夜間のインバウンド需要を取り込め

インバウンド需要を取り込むにあたって、「時間軸」を取り入れる動きが出てき始めています。通常の日本人相手のマーケティングと同様に、ターゲットがいつ・どのような動きをするのか、ということを考えるのはインバウンドにおいても重要味を帯びてきています。

訪日外国人観光客は夜ヒマ?

インバウンドにおいて「時間」を意識したマーケティングを取り入れた好例はドン・キホーテでしょう。ドン・キホーテのIR情報によれば、20時〜24時の時間帯に免税商品が突出して売れているとのことです。

これは、ドン・キホーテのメインターゲットに則したマーケティング戦略の賜物であると考えられます。訪日中国人観光客を始めとした、東アジアの訪日外国人観光客は、従来団体旅行での訪日旅行が、その大半を占めていました(現在は個人旅行割合が急増中)。そして、ツアー会社が日程を組む団体旅行においては、日中の時間はツアー日程の消化に忙しく周り、訪日旅行者のほんとうの意味でフリータイムはホテル帰宅後の夜〜深夜帯となります。ドン・キホーテはそこを目につけ、自ら「24時間営業で」「(都市部なら)ちょっと移動すればすぐあって」「いろんな商品が安く買えて」「しかも免税店だからさらにお得」という強みを活かしてインバウンド需要の取り込みに成功したと考えられます。

各社・団体、夜間のインバウンド需要取り込みに乗り出す

上記のような背景もあり、政府や企業、団体が夜間のインバウンド需要の取り込みのための対策を打ち出すケースが増えてきています。
迎賓館が初の夜間公開
政府は昨年12月24日から25日にかけて、東京・元赤坂の迎賓館を初の夜間公開しました。本館もライトアップされ、通常非公開の正面玄関ホールを見学することができます。

クリスマスの期間のライトアップ夜間公開は、試験的なものであり、訪日外国人観光客人気も見込んで今年も継続して夜間公開していく方向で調整しているとのことです。

京都・桂離宮も夜間公開検討へ

また、政府は日本庭園 京都・西京区の桂離宮の夜間公開も検討しています。日本文化や情緒を感じることができる観光スポットとして訪日外国人観光客からの人気も高く、夜間公開によってさらなる集客を狙う考えとのことです。

京都の寺院などの観光スポットでは夜間特別拝観&ライトアップが定番
同じく京都の各寺院では紅葉を迎える秋の夜間特別拝観とライトアップが有名です。そのなかでも有名なのが清水寺の春・秋のライトアップです。

清水寺は桜と紅葉の名所であり、この時期のライトアップは、訪日外国人観光客にも人気の観光スポットとなっています。

日本橋 明治座は昨年から夜間公園を開始
さらに、東京・日本橋の劇場 明治座は、昨年9月から新しいナイトプログラム「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」を開始しました。これは、日本の伝統芸能とポップカルチャー、そして最新のテクノロジーを融合させた新しいカタチのエンターテイメントとして打ち出されています。

特徴は開演が夜20時30分からと、遅い時間帯であることです。というのも、日本橋エリアにおいて訪日外国人観光客が楽しめるようなスポット、取り組みがまだ少なかった、そして、高齢層の日本人観客の集客があまり望めない夜の時間帯の施設有効活用を狙ったためです。

記事・画像:訪日ラボから

関連記事

ページ上部へ戻る