CMOにふさわしいのは社内人材?社外のスペシャリスト?

ガートナー ジャパンは2017年1月17日、マーケティング業務の変化に関する調査結果を発表した。この調査は、デジタルテクノロジーを活用したマーケティングの取り組みが業務に及ぼしている影響を把握することを目的とし、2016年11月18日~12月5日にわたってWebで実施したもの。回答者はガートナー主催の各サミットの参加者や「Gartner News」の購読者から募り、有効回答数は378件。回答企業の従業員数規模別内訳は2000人以上が209社、1000~1999人が43社、100~999人が109社、その他17社となっている。

 調査では、デジタルマーケティングの重要性が増す中、それが企業にどのような影響を及ぼし、実施に当たってどのようなスキルが必要とされているのか、またデジタルビジネスへの影響はどのようなものかについて聞いている。今回の調査では、対象者の過半数が何らかの形でマーケティング業務に関係すると回答。マーケティング業務において重要かつ必要とされるスキルについて尋ねたところ、「企画・立案能力」が72.1%で最も多く、これに「データ分析能力」(62.4%)、「マーケティング全般の経験/知識」(54.7%)が続いた。

 「マーケティング全般の経験/知識」と「デジタルマーケティング専門の経験/知識」を比較すると、後者はそれほど重要とは認識されておらず、むしろ、マーケティング全般のスキルが重要視されている。回答者のマーケティングへの関与度合いが高いほど、この傾向がより顕著になっているという。また、デジタルマーケティングに関連して必要になると考えられる「テクノロジーに関する知識」についての重要性も、相対的に低い。

 最高マーケティング責任者(CMO)にふさわしいキャリアについても聞いている。既にマーケティング部門が存在している企業で組織の部門長の経歴を尋ねると「社内の他部門またはグループ企業からの異動」によって就任するケースが46.5%と最も多い。一方、どのような経歴がふさわしいと思うかという全対象者向けの問いに対しては、同様に社内の他部門またはグループ企業からの異動が34.8%でトップだったものの「広告代理店やコンサルティング企業などマーケティングスペシャリストの中途入社」を望む声も34.0%で拮抗(きっこう)した。

記事・画像:ITmediaから
サムネイル画像:workableから

関連記事

ページ上部へ戻る