台湾・中国からのインバウンド獲得に「フリガナ変換サービス」

Webサービス開発を手がける株式会社DONIKAは、台湾・中国からのインバウンド獲得のため、繁体字・簡体字の名前をフリガナに変換するサービスを、2017年01月19日にリリースしました。

ネーム変換
繁体字:中文人名日語翻譯
簡体字:中文人名日语翻译

■ネーム変換提供の背景
台湾・中国からの訪日旅行者(インバウンド)が増加する一方で、ネット予約の際に名前のフリガナを入力できず、スムーズにホテルや飲食店を予約できないといった事例も増えています。インバウンド獲得の機会損失を防ぎたいという国内事業者の声を受け、ネーム変換を開発しました。

■ネーム変換の特長
ネーム変換は台湾の繁体字、中国の簡体字のどちらも対応しています。入力された名前は、適応する日本の漢字、ひらがな、カタカナ、ローマ字、さらにピンインとそのカタカナ読みに変換されます。音声入力も可能なため、母国語で自分の名前を読み上げるだけでフリガナが表示されます。表示されたフリガナを日本語読みの音声で確認することもできます。

■ネーム変換のメリット
訪日旅行者は変換されたフリガナをコピー貼り付けしたり、画面を見ながら宿泊者名簿を書いたりすることで、スムーズに予約を行えます。国内事業者は自社のネット予約ページにネーム変換へのリンクを設置することで、インバウンド獲得の機会損失を防ぐとともに、メールでの問い合わせ対応コストの削減を行えます。
ピンインの読み方も表示されるため、お客様の名前の読み方がわからないと言ったトラブルも防げます。

記事・画像:JIJI.comから

関連記事

ページ上部へ戻る