インバウンド国籍別おもてなし:台湾編

日本政府観光局(JNTO)の情報によると、2016年に日本を訪れた訪日台湾人観光客の数は4,167,400人となっています。これはアジア地域で考えると、中国、韓国に次いで3番目となります。親日感情が非常に強い台湾ですが、台湾人の観光客をおもてなしする上で、飲食店が気をつけるべきポイントはどのようなものなのでしょうか?

    台湾人の食事に対する考え方

  • 台湾には「吃喝玩樂」(チー・ホ・ワン・ロー)食べて(吃)、飲んで(喝)、遊んで(玩)、楽しむ(樂)という言葉があるが、これは台湾人の国民性をよく表していると言える。
  • 「医食同源」という思想があり、全ての食材には固有の性質があると考えており、特定の食材を食べる事で 体が温まったり冷えたりするという考えがある。
  • 料理は見栄えよりも、量と品質という考えが強い。
  • お気に入りの場所を何度もリピート訪問する傾向が強い。そのため気に入ったレストランと、観光地を繰り返し訪れる人が多い。
    台湾人の食事の際のマナー

  • 食事は箸、スープを飲む時はレンゲを使う。
  • 箸はテーブル上か箸置きに置き、先端を相手に向けて縦に置く。
  • 器を持ち上げて食事をしてもよい。
  • 麺類、スープなどを音を立てて食事をすることはマナー違反とされる。
  • 支払いは年長者がする事が多い。
    台湾人に好まれる日本食

  • 日本の牛肉全般。特に焼肉が好き
  • 寿司、トンカツ、カレーの人気が高い
  • 豆腐、湯葉は台湾でも一般的な食べ物のため、好まれる。
  • 鍋物は季節に関係なく人気が高い。
  • 和食全般は好まれるが、高級なものを好む。
  • 薄い味付けを好む。
  • テレビで紹介されていることもあり、日本の会席料理はごちそうとされている。
  • アイスクリームを好む。
    台湾人に嫌われる食事内容

  • 冷たい料理が苦手、医食同源の考えから温かい料理のほうが好まれる。
  • 生ものを食べる習慣があまり無いため、刺し身や寿司、生卵などが苦手な人が多い。
  • 「素食家」と呼ばれる肉と魚を一切食べないベジタリアンのような食習慣の人がいる。
  • 卵、乳製品、根菜を食べないという人もいる。
  • 牛が農耕に使われていた時の名残から、牛を食べないという人もいる。
  • 日本人向けに味付けされた中華料理は好まれない。(餃子を含む)
  • 日本のラーメンはしょっぱい、油っぽいと感じる人が多い。
  • そばは味気がない食べ物と考えられる。
  • 納豆が食べられない人もいる。
    訪日台湾人観光客に喜んでもらうには?

  • 温かい料理を振る舞う。
  • バイキング形式など、沢山の料理の中から選べるような形式、沢山の皿がテーブルに並ぶ料理が好まれる。
  • 正座やあぐらは苦手な人も多いので、テーブル席で食事を提供する。
  • スープ、鍋類を好むので、食事の際にはこうしたメニューを入れる。
    訪日台湾人観光客への情報提供の仕方

  • 繁体字表記のメニューがあると良い。簡体字は理解できない。
  • 日本の伝統料理を提供する場合は、食べ方を事前に説明してあげる。
  • 料理を提供する際に、「医食同源」の考えに基づき、食材や調理法の説明をしてあげると喜ばれる。
  • 台湾は店の営業時間が遅く、夕食後にショッピングを楽しむという事もあるため、夜も営業している商店街などがあれば案内してあげると良い。
    その他の注意事項

  • 儒教文化が強いため、目上の人、社会的地位が上の人、年長者を敬う気持ちが非常に強い。
  • 黒、白は葬式を連想させるために、贈り物などには使わないほうが良い。
  • 奇数は縁起が悪いとされ、日本と同様に「4」は「死」と同じ発音のため、番号などで使う場合は4を避けたほうが良い。
  • 発音が「別れ」を意味することから、置き時計、傘、ハンカチ、はさみなどを贈り物としないほうが良い。

記事:訪日ラボ
画像:Taiwan Pressから

関連記事

ページ上部へ戻る