池袋で「光と音」がテーマの新感覚サバイバルゲーム

株式会社ASOBIBA(以下ASOBIBA)は、2月25日(土)より東京・池袋にてサバイバルゲームをカジュアルに楽しむことが出来る施設「ASOBIBA池袋店」をオープンいたします。ASOBIBA池袋店では、まるでレーザービームのように光って発射される蓄光BB弾を使用することで、SFゲームの中で対戦しているような新感覚のサバゲー体験を提供してまいります。

■「光と音」がテーマ:VRでは体感出来ないリアルな緊張感と、非日常体験への没入感
ASOBIBA池袋店は「光と音」をコンセプトにしたサバイバルゲームフィールドです。フィールド内はサーチライトが照らされる中で、レーザービームのように発光する蓄光BB弾が飛び交い、大音量のBGMがゲーム参加者の緊張感を高め、まるでSFゲームのキャラクターになりきったような没入感を味わえます。要所には監視カメラとモニターが設置されるなど、どのようにフィールドを攻略し、モニターを活用してチームを指揮するなどのチームプレイが問われるゲームが行われます。

【店舗詳細】ASOBIBA池袋店 ~「光と音」がテーマのエンタメサバゲーフィールド~
ASOBIBA池袋店は池袋駅南口より徒歩6分、約300坪の広さを誇る都内最大級のインドアフィールドです。レンタル品に蓄光BB弾を使用することが出来るフルオートトレーサーを常時用意し、弾道がレーザー光線のように走り、フィールド内に流れる臨場感のある音楽が緊張感を高め、まるでSFゲームの世界観の中でサバゲーを体験できます。また、「どうやって動けばいいか分からない」といったサバゲー初心者でも楽しみやすい仕掛けとして、「アタッカー」「ディフェンダー」などの自分の役割を決める「ジョブカード」システムを導入するなど、新しいサバゲーの楽しみ方を探る実験的な施設です。

記事・記事:PRTIMESから

関連記事

ページ上部へ戻る