訪日中国人の無断レストランキャンセル対策

観光庁の訪日外国人消費動向調査によると、2016年7月から9月の訪日外国人観光客における消費額は全体で9,717億円でした。国籍別にインバウンド消費額を見てみると、中国が4,398億円と最も多く、全体の45.3%を占めます。次いで、訪日台湾人観光客が1,292億円と全体の13.3%を占め、2番目に多い額を記録しました。699億円で全体の7.2%のインバウンド消費額を記録した4番目にランクインする訪日香港人外国人のインバウンド消費額を含めると、全体のインバウンド消費額の約65%が中国語圏の訪日外国人観光客からによるものであるということがわかります。「爆買い」という言葉もあるように、中国語圏からの訪日外国人観光客は、インバウンド市場において大きなターゲットになっており、国内では中国語圏からの訪日外国人観光客を取り込む動きが加速しています。日本最大級の飲食店口コミサイトである「ぐるなび」を運営する「株式会社ぐるなび」(以下、ぐるなび)は、中国語圏からの訪日外国人観光客をターゲットに新たな試みを始めます。

ぐるなび 中国・台湾大手旅行会社Ctrip・KKdayとレストラン事前予約で提携
ぐるなびは、中国最大手オンライン旅行会社「Ctrip」(*)と台湾最大級のオンライン旅行会社「KKday」(*)とレストランの事前予約事業で提携を開始します。今回の3社の提携により、質の高い日本食を提供する高級店・人気店の詳細なコース情報を言語を気にすることなく予約できるようになります。このサービスは訪日外国人観光客が増加する花見シーズンに向けて、春先に開始する予定とのこと。今回の3社の提携、背景には一体なにがあるのでしょうか?

*Ctrip:中国の上海市に本社を構える年間の訪日中国人観光客の約30%にあたる200万人が利用するオンライン旅行会社
*KKday:台湾の台北市に本社を構える年間の訪日台湾人観光客の25万人が利用するオンライン旅行会社

背景にはレストラン予約の増加と無断キャンセルが今回のぐるなびによる試み、

  • レストランのオンライン予約のインバウンド需要の増加
  • 国内飲食店のノーショー(無断キャンセル)への懸念
  • この2つから紐解いていきます。

    近年、スマートフォンの普及やネット環境の整備が進んでいることから、旅行プランそのものを個別手配する訪日外国人観光客が増えています。これは、「FIT(※)の増加」というトレンドにも繋がっています。ぐるなびが中国の旅行関連事業者に行ったヒアリング調査によると、全体の82%が、中国人による日本のレストランの予約が増えていると回答しています。以前のように旅行会社を通じて予約をしなくとも、個人でネットで簡単にレストランの予約ができることから、訪日外国人観光客のレストランにおけるオンライン予約のインバウンド需要が高まっていることが予測できます。一方で、訪日外国人観光客を受け入れる飲食店では、訪日外国人観光客が予約当日に連絡もしくは来店しない「ノーショー(無断キャンセル)」に対する懸念があります。

    ぐるなびが同サービスに加盟している飲食店に行ったヒアリング調査によると、全体の66%が、ノーショー(無断キャンセル)への懸念を理由に訪日外国人観光客の予約を受け入れることに抵抗感を感じているとのこと。このような状況から、ぐるなびは、CtripやKKdayなど「事前決済」予約が可能な海外旅行関連サイトと提携することで、訪日外国人観光客を受け入れる飲食店にリスクのないサービスを提供していきます。

    ※FIT:団体旅行やパッケージツアーを利用することなく個人で行く海外旅行のこと

    記事:訪日ラボ
    画像:hideout125から

    関連記事

    ページ上部へ戻る