情報発信率の高いSNSは「LINE」「Twitter」「Facebook」

インターネット調査のマクロミルは、サービスの幅が広がっているソーシャルメディアについて、人気のあるサービスや、その利用状況を調査し、2月7日、結果を発表した。「好きなソーシャルメディア」ランキングの1位は「LINE」で24.5%、2位は「Twitter」の19.5%、3位は「Amebaブログ」の18.4%、4位は「Facebook」で16.2%だった。ブログサービスの利用状況に関する調査では、「何らかのブログサービスのアカウントを持っている人は30%で、そのうち日常的にブログに投稿している人(ブロガー)は14%だった。調査は、2016年12月8日~12日に、全国20~59歳の男女8,500サンプルを対象にインターネットで実施した。

ブロガーのうち、ブログ上で実名を公表している人は13%で、87%は匿名で運用していた。何らかのSNSアカウントを持っている人(SNS投稿ユーザー)は76%で、そのうち日常的にSNSで情報発信する「SNS投稿ユーザー」は40%だった。SNS投稿ユーザーが日常的に情報発信・投稿しているSNSは、利用率が高い順に、LINE47%、Twitter42%、Facebook39%、「Instagram」20%、「mixi」7%だった。

記事:WEB担当者FORUM
画像:Life with Windows10 mobileから

関連記事

ページ上部へ戻る