訪日外国人観光客がSNSに最も多く投稿したスポットは?

SNSを活用した位置・移動情報のビッグデータを収集・解析する「inbound insight(インバウンドインサイト)」で見る昨年2016年のインバウンド、つまり「訪日外国人観光客はどこにいっていたの?」はどのようなものだったのでしょうか。インバウンドの中心が関東から関西に移行しつつあることが伺える結果に。

2016年 訪日外国人観光客はどこに行っていた?
本レポート「インバウンドレポート2016 2016年1月〜12月」は、ナイトレイが運営する「inbound insight(インバウンドインサイト)」を活用して収集した、訪日外国人観光客によるSNS投稿データをRJCリサーチが集計・分析したものです。今回は2016年のインバウンドレポートとして、2016年1月から12月までのTwitterやWeibo(微博/中国版Twitter)の投稿場所、内容、画像などから訪日外国人観光客がどこに行っていたのかを分析してたものとなっています。その調査対象のアカウント数は約25.8万、投稿数は約92.4万件にのぼり、その69%が訪日中国人観光客の投稿となっています。

「USJ」と「東京ディズニーランド」が年間総合の2トップ、「富士山」は3位に
SNSでの投稿発信地点から見る2016年インバウンド人気観光スポットランキングは、

    2016年人気観光スポットランキングのサマリー

  • トップ100の約半数は東京都内
  • トップ50までは「見物スポット」が中心
  • 51〜100位は「ショッピングスポット」が中心
  • 年間を通して「見物スポット」での投稿が多い
  • 「自然スポット」では“花見・緑・紅葉”の季節がピークの傾向
  • といった特徴があります。

それでは、調査結果を詳しく見ていきましょう。

総合ランキングでは、年間のSNS投稿量スコアが最も大きい発信地点はUSJだった。2位の東京ディズニーランドは、3位の富士山に2倍の差を付けている。両施設とも季節変動が小さくオールシーズン型であることと、SNS投稿したくなるような多様な感動を提供するテーマパークであることが、SNS投稿の年間総量を押し上げたと両社は推測する。1~50位を都道府県別に見ると、東京都内が25地点で最も多い。スポット分類別では、歴史的建造物やランドマークを見ることを主に楽しむ見物スポットが16地点で最多だった。51~100位を都道府県別に見たところ、上位50位と同様に東京都内が23地点で最も多い。 スポット分類別では、商業施設やショッピングモールで商品を買うことを主に楽しむショッピング・スポットが16地点で最も多いという結果になった。

2016年インバウンドの人気観光スポット年間総合ランキング

2016年の1〜12月のTwitterやWeibo(微博)でのSNS発信地点ランキングを見てみると、1位USJ、2位東京ディズニーランドと、体験系のレジャースポットが1・2フィニッシュとなっています。SNSでの投稿をするさいの写真映えなどもあり、来場者もさることながらSNS投稿が多くなったものと思われます。従来のゴールデンルートから言えば、東京ディズニーランドの方が人気かと思えば、最近のインバウンドトレンドを表すようにUSJの方が投稿数が多い結果に。トップ100の約半数は東京都内ではあるものの、インバウンドの中心が関西に移行しつつあることが伺える結果となっています。

3位に富士山、4位が東京タワー、5位に大阪城と、自然・景観系の観光スポットが続いていることからも、写真映えする観光スポットのほうがSNSでの拡散を狙えることが伺えます。SNS投稿数で見るとUSJが8,456件、東京ディズニーランドが7,237件で、3位の富士山の4,488件に対して倍近くの差を付けていることも興味深い結果となっています。それだけUSJ、東京ディズニーランド両者のコンテンツ量が豊富であるということなのでしょう。

月別で見るインバウンド人気観光スポット
本レポートでは観光スポットのカテゴリーごとの月別SNS投稿量についても分析しています。

    調査によれば、

  • 見物スポット:歴史的建造物やランドマークを見ることを主に楽しむ観光スポット⇒ピークは10月
  • プレイスポット:観覧・体験型の有料施設で遊ぶことを主に楽しむ観光スポット⇒ピークは10月
  • 自然スポット:自然公園や緑地・水辺などの景勝で憩うことを主に楽しむ観光スポット⇒ピークは4月、7月、10月
  • といった特徴が見えます。


見物スポットについては、自然スポットのピークと有意な相関が見られます。これは例えば清水寺などの「カテゴリーとしては見物スポットだが、花見・紅葉などの季節的な自然景観を楽しめる観光スポットである」といった特徴をもつ見物スポットが多数存在するためだと思われます。各カテゴリーを通して、やはり、訪日外国人観光客数が増えるシーズンには投稿数が上昇する傾向にあるようです。しかしながら、プレイスポットに関しては4月に凹みを見せていることが特徴的です。

見物スポット部門では、東京タワー、大阪城、浅草寺が上位3位を占めている。観覧・体験型施設で遊ぶことを主に楽しむ観光スポットであるプレイ・スポット部門では、USJと東京ディズニーランドが3位以下を大きく引き離している。自然公園や緑地・水辺など景勝で「憩う」ことを主に楽しむ自然スポット部門では、富士山が2位以下を圧倒しており、2位には上野公園がランク入りした。飲食メニューや生鮮品などを食べることを主に楽しむグルメ・スポット部門では、築地市場が1位であり、2位は「かに道楽」だった。商業施設やストリートで商品を買うことを主に楽しむショッピング・スポット部門では、六本木ヒルズが2位以下を大きく引き離して1位となっている。

記事・画像:マイナビニュース訪日ラボから
サムネイル画像:東京ディズニーリゾートから

関連記事

ページ上部へ戻る