スキャンだけで商品情報の多言語化ができるアプリ「PAYKE」

観光庁による訪日外国人消費動向調査によると、2016年における訪日外国人観光客の消費額は、3兆7,476億円でした。前年と比べた場合、7.8%の増加を記録。年間の訪日外国人観光客の消費額としては過去最高の値となっています。訪日外国人観光客の消費額を国籍・地域に見てみると、14,754億円の訪日中国人観光客がトップに。2位には5,245億円の訪日台湾人観光客、3位には3,578億円の訪日韓国人観光客と続きます。その後は、2,947億円の訪日香港人観光客、2,130億円の訪日アメリカ人観光客となっており、これらの5か国で全体の訪日外国人観光客の消費額の約75%を占めます。

これらの訪日外国人観光客に自社の提供する商品などを購入してもらう場合、それに対する母国語での説明が必要ですが、外国語対応のスタッフを雇うにはお金がかかることから、国内の店舗・小売店などでは、外国語対応におけるインバウンド対策がなかなか進んでいない現状にあります。このような背景をもとに、国内では、訪日外国人観光客の商品購入を促進するためのアプリがローンチしており、全国で導入が進んでいます。

paykeとは?バーコードをスキャンするだけで商品情報を母国語で表示


Paykeとは、株式会社Paykeの運営するインバウンド消費促進アプリ。Google playとApp Storeで配信されています。Paykeを利用することで、商品についたバーコードをスキャンするだけで、商品情報が訪日外国人観光客の母国語で表示されます。日本語で書かれた商品パッケージだけでは、訪日外国人観光客はその商品がどのような商品なのかを理解することができません。しかし、Paykeは訪日外国人観光客がバーコードを読み取るだけで、多言語での商品情報の表示を可能にするため、活用企業・店舗は訪日外国人観光客に正しい商品情報を届けることができます。
商品情報の多言語表示のほかにも、その商品(バーコード)に対して「いいね!」をしたり、口コミを書いたりすることも可能です。また、GPS機能により近隣の店舗情報も閲覧することができます。免税や銀聯カードへの対応の是非など、訪日外国人観光客に特化した情報も一緒に提供しています。今回ご紹介しているインバウンド消費促進アプリPayke。すでに全国各地で導入が始まっています。

記事:訪日ラボ
画像:payke

関連記事

ページ上部へ戻る