中国では「職人の手作り」はマイナスイメージ

前提知識:日本の動画プロモーションは「文化的価値観」の共有が前提にあり、制作されている

日本の動画プロモーションの多くが、同じ国・言語・文化を共有している日本人に対して理解が深まるような制作が中心となっています。それは、同じ文化的価値観を前提とした上で、理解がより深まるような動画制作プロモーションであり、「言わなくとも分かる・理解できる」という、根底にある共通認識を前提に作られた物です。インバンド動画プロモーションにおいては、それらの「日本独自の共通認識」を一度取り払い、様々な視点で映像表現を見直す必要があります。今回は、インバウンド向け動画を作成する際に、日本国内の共通認識によって発生しがちな「落とし穴」の事例をご紹介します。

事例:東南アジア・中華圏向けに、職人手作業によるプレミアム感のある日本製品の魅力を伝えるインバウンド動画を作成

日本のある製品において、熟練の技を持つプロフェッショナルによる「手作り」「職人技」の素晴らしさを伝えることになりました。私たち日本人の大半は、「ひとつひとつ手作り」「職人技」と聞くと、その技で生計を立てている職人・匠が作る「プレミアム感」を持つことが一般的です。一方で、世界各国では「手作り」に関して全く異なる価値観を持っています。

「職人技による手作り」は中国や東アジアではアピールポイントにならない!?
世界各国では、職人文化の有無によって「手作り製品」へのイメージが異なります。今回の事例「東南アジア・中華圏向けに、職人手作業によるプレミアム感のある日本製品を伝えるインバウンド向け動画」で課題となった部分は「手作り」の部分です。企画段階で対象各国でのヒアリングを進める中で、以下の状況が分かってきました。

<日本・欧米諸国>
「国内生産の高級ブランド・ハンドメイドでブランド品・高級品が生まれる背景」がある地域では、「手作り」に対してプレミアム感が生まれる。
<近年先進国になった国・発展開発途上である国>
「手作り」に対して、工場に集められ一斉に手作業を行うイメージを持ってしまい、「品質にあたりハズレがあり、最先端さを感じない」「少し不安」というイメージが残っている。

このように、国や文化・歴史の背景から、日本人が思い描くイメージと正反対のイメージを持つ国が数多くあることが分かりました。今回のケースである「東南アジア・中華圏向けに、職人手作業によるプレミアム感のある日本製品を伝えるインバウンド向け動画」においては、インバウンドで主要市場と鳴る中華圏や東南アジアの国々を始めとして、開発途上である国のほとんどが後者の「手作業」のイメージを持ちかねない状況となっています。その数、世界195ヶ国中150ヶ国となります。

インバウンド向け動画プロモーションでは文化的背景が変わっても理解できることが重要
さて、今回の例である「東南アジア・中華圏向けに、職人手作業によるプレミアム感のある日本製品を伝えるインバウンド向け動画」。これについて、”より多くの国に伝わるインバウンド動画プロモーション”とするには、

  • 動画プロモーション
  • 制作過程を可能な限り細かく見せる
  • 完成した製品の精巧さ・クオリティの高さをしっかりと表現する
  • 職人のこだわりを表現する
  • などが必要になってきます。

つまり、インバウンド市場で主要顧客である中国や東南アジア圏の外国人がもつ「手作業=マイナスイメージ」を払拭する、丁寧な構成で圧倒的な職人技術力を発信することが重要なのです。

匠の技を丁寧に表現したインバウンド向け動画事例

動画イメージとして、日本の匠の技を丁寧に表現した映像例を紹介したいと思います。こちらのインバウンドプロモーション動画では、一人の職人によって「箱根寄木細工」が制作される過程を描いています。

    前述のポイント

  • 制作過程を可能な限り細かく見せる
  • 完成した製品の精巧さ・クオリティの高さをしっかりと表現する
  • 職人のこだわりを表現する

について、素材へのこだわり、道具へのこだわり、そしてテクニックや丁寧さをしっかりと見せることで国境を超えた反響を獲得しています。

記事・画像:訪日ラボから
サムネイル画像:デイリーニュースエージェンシーから

関連記事

ページ上部へ戻る