「1万円アート “東京 3/100 テディベア展”」

 「1万円アート」とは、今まで多くのテレビ番組を手がける放送作家の高須光聖が発起人の、新しいアートプロジェクトです。各界の著名人が材料費1万円という制限の中、共通テーマに沿って自由に作品を作り上げ、展示いたします。2014年4月には、プロジェクト第一弾として、「1万円アート-歪んだ大人展-」を開催。トータス松本・千原ジュニア・チームラボ猪子寿之など、総勢19名が、「歪んだ大人」というテーマに沿って、それぞれの作品を作り上げ、18日間で約1万人のお客様に来場頂き、独特の世界観をお楽しみ頂きました。

 プロジェクト第二弾にあたる今回のテーマは、「3/100(100分の3) テディベア」。100人が見た時に、3人の心にはとても刺さる、個性的なテディベアを、予算1万円で制作し、セゾンアートギャラリーに展示致します。2017年4月14日現在、タレント・お笑い芸人・アートディレクター・CGクリエーター・格闘家・ダンサー・起業家など、各業界の第一線で活躍する、総勢19名の方々にご参加いただく予定です。

記事・画像:PRTIMESから

関連記事

ページ上部へ戻る