参加60店舗の240種のスペシャルカクテルが発表!​

5月22日(月)から28日(日)まで、日本に初上陸となるカクテルとバーを楽しめるカクテルイベント『TOKYO COCKTAIL 7 DAYS』(東京カクテルセブンデイズ)が開催されます。

期間中は、同イベントのベースとなる“Village(特設会場)”を代官山に設け、トップ6ブランドによるポップアップバーでのカクテル試飲や、ミニカクテルセミナー(人数限定)などのワークショップが開催され、無料で体験できます。

第一回目となる今年のテーマは『Classic vs Futuristic, from 1847 ~ 2047』。カクテル発祥の年とされる1847年以降のクラシックカクテルから、200年後の2047年までを想定した架空のオリジナルカクテルまで、参加する60店舗のバーがそれぞれにクリエイト。カクテルの内容が発表されました。

旅をテーマにしたクラフトカクテルを楽しめるバー&ラウンジ「Bar Triad」は1848年に実在していたカクテル『ピンクジン』を、「北青山サロン」は2048年を想定した未来カクテル「ハニービーシューター」を考案するなど、バーテンダーが腕を振うスペシャルカクテル、240種類が発表されました。前売りチケットを購入し、カクテルパスポートを持ってイベントに参加すると、各バーが提案するスペシャルカクテルを1杯
1,000円(税・チャージ別)の特別価格で味わうことができます。

世界が注目するカクテルイベントは、2010年にロンドンから始まり、2015年にはシンガポールでも開始され、バー文化やカクテル文化を広げるきっかけとなった大人気のイベントです。日本では初開催となり、代官山の特設会場を中心に、渋谷、恵比寿、新宿を中心とした60店舗のバーで一斉に展開されます。

代官山のVillage(特設会場)を出発地点に、今までにないバーホッピング(バー巡り)が気軽に体験できるこのイベントに、カクテルパスポート片手に参加してみては。自分好みのバーやカクテルを見つけるまたとないチャンスです。
記事・画像:PRTIMES

関連記事

ページ上部へ戻る