弘前、 ふるさと納税でさくらオーナーを募集

青森県弘前市では、弘前さくらまつり100年目を記念し、さくらオーナーを募集しています。日本一とも称される弘前公園の美しいさくらを、更に100年先へ受け継いでいくために、ひろさき応援寄附金(ふるさと納税)を活用し、「日本一の『さくら』応援コース」に寄附した方を、弘前公園のさくらのオーナーに認定します。

1918年(大正7年)に第1回観桜会として始まった「弘前さくらまつり」は今年で100年目を迎えます。現在開催されている弘前さくらまつりでは、ソメイヨシノが満開を迎え、連日多くの来園者で賑わっています。100年目を記念し実施されている観光人力車や中濠観光船の運行なども好評で、たくさんの方がいつもと一味違うさくらまつりを楽しんでいます。また、弘前公園では、さくらが散ったあとにだけ見ることができる絶景「花筏」も人気です。今年は、散ったさくらの花びらが濠を埋めつくし、ピンクのじゅうたんのような「花筏」を撮影できるスポットも公開されています。

記事・画像:@Press

関連記事

ページ上部へ戻る