七彩(ナナイロ)とうもろこしポップコーン

オリジナルのお菓子のプロデュースを軸に、企業の組織改革やコーポレートブランディング・PR支援を手掛ける株式会社ESSPRIDEが展開する、全国の製菓メーカー向け商品開発支援サービス「TSUKUROU」の第1弾商品「七彩とうもろこしポップコーン」を2017年6月12日よりCAMPFIREでクラウドファンディングを開始いたします。

七彩(ナナイロ)とうもろこしプロジェクト
宝石みたいなトウモロコシ、その名も「七彩(ナナイロ)とうもろこし」を使ってポップコーンを作るプロジェクトです。「PALOMITAS」「ハイカラポップコーン」のブランドで製造・販売する、カラフルでユニークなフレーバーのポップコーンが人気のポップコーン職人集団「東京ミレニアム」と一緒に、絶対に他にはない、唯一無二のポップコーンを作ります。その素材がこの「七彩(ナナイロ)とうもろこし」です。とても希少なトウモロコシを「ないなら、育てちゃえ」ということで、ポップコーンを作るために、畑から耕し、種まきから加工まで一気通貫で行います。

キーワードは「純国産」と「スーパーオーガニック」。原料の生産も加工もすべて東京ミレニアムの本社のある、宮崎県小林市で行います。オーガニックな栽培方法に加え、収穫した種からまた新たな実を栽培する「循環する農業」を実践し、オーガニックを越えたスーパーオーガニックな産業を実現します。

TSUKUROUと東京ミレニアムが、七彩(ナナイロ)とうもろこしポップコーンで叶えたいことがもう一つ、「地域を元気にすること」。宮崎県小林市は、過疎化、少子化、若者の地元離れ、休耕地など、現在日本中の「田舎」が抱える問題が揃った土地です。七彩(ナナイロ)とうもろこしポップコーンを作ることで、地域の産業活性・雇用創出など、地元が元気になることにつながればと考えています。TSUKUROUはその地域ならではのオリジナル製品づくりから、将来の日本の農業および製菓業界の新たな可能性を探っていきます。

記事・画像:PRTIMES

関連記事

ページ上部へ戻る