ロイヤルカスタマーの約6割はマーケティング施策に反応しない「ネコ型顧客」

■「ネコ型」、「イヌ型」って何?
「マーケティング施策がきっかけではないが、高い頻度でそのブランドを買ってくれるお客さまが一定数存在している。ただし、施策に反応しないため行動データも取りにくく、顧客像がつかみにくい」というマーケティング担当者の声をよく耳にします。ネットイヤーグループはこの実態を探るべくアンケート調査を実施。その結果から、ブランドは大好きだけど、従来のマーティング施策には反応しないタイプを「ネコ型顧客」、そのブランドが大好きで、そのブランドが行うマーケティング施策に従順に反応するタイプを「イヌ型顧客」と分類しました。

■6万人のアンケート調査で判明!
ロイヤルカスタマーの約6割はマーケティング施策に反応しない「ネコ型顧客」

好きなブランドがあり、そのブランドの購入頻度が高いと思う10代~60代の男女6万人を対象に「好きなブランドのマーケティング施策への反応について」アンケートを実施したところ、購入頻度が高いロイヤルカスタマーのうち約6割が従来のマーケティング施策に反応しない「ネコ型顧客」という結果になりました。さらに詳しい調査データはhttp://www.netyear.net/nekolab/に掲載しています。

■「ネコ型」、「イヌ型」両者の違いを比較分析
反応しない「ネコ型」と、反応する「イヌ型」の差は何か?彼らはそれぞれどのような消費行動を取っているのか?その実態をアンケートデータとデプスインタビューから分析したところ、ネコ型顧客は自分の価値基準が明確で「自分の目で確かめたい=周囲やトレンドに左右されない」という傾向があり、『ブランドの商品やサービスの価値が好きであり、周囲の評判はあまり関係ない』という考察ができます。イヌ型顧客はトレンドに敏感で「世の中の動きをキャッチしていたい=周囲や世の中と関わっていたい」という傾向があり、『ブランドを取り巻く環境も含めて、そのブランドが好き』ということが言えます。

記事・画像:PRTIMES

関連記事

ページ上部へ戻る