バスが劇場、体験型ツアー

JTB中部(名古屋市)は、金沢市内をバスで巡る体験型ツアー「SAMURAI THE RIDE(サムライ・ザ・ライド)」を7月に3日間実施する。江戸時代からタイムスリップしたという設定のサムライや三味線奏者とともに、謎解きや伝統芸能などを楽しむ内容。10月以降は訪日外国人(インバウンド)向けのツアーも実施する予定だ。JR金沢駅が発着地で、近江町市場やひがし茶屋街などの観光地のほか香林坊や片町といった繁華街を巡り、加賀藩繁栄の秘密を解き明かす。途中でサムライや三味線奏者が江戸時代と現代の金沢の比較を説明したり、舞や唄などを披露したりする。バスを劇場に見立てており、途中下車は天徳院の1カ所となる。石川県に残る舞踏や太鼓などを再現するパフォーマンス団体「加賀能登新古典振興協会加能座」が、サムライや三味線奏者の役を担う。所要時間は2時間。料金は大人が3000円、小学生以下は1500円。

記事:2017年6月23日 日本経済新聞
画像:excite

関連記事

ページ上部へ戻る