御船山楽園(佐賀・武雄)にて「かみさまがすまう森のアート展」

チームラボが50万平米の大庭園、御船山楽園(佐賀・武雄)にて開催する「チームラボ かみさまがすまう森のアート展」にて追加作品が決定。先日発表した6作品に、新作7作品が追加され、全13作品を展示。

チームラボ かみさまがすまう森のアート展」は、佐賀・武雄の、1845年開園、国登録記念物の名勝地、御船山楽園にて開催するアート展です。50万平米の大庭園内に「自然が自然のままアートになる」アートプロジェクトの新作を含む全13作品を展示。大庭園が、人々の存在によって変化するデジタルアート空間になります。期間は、2017年7月14日(金)~10月9日(月)。

■展覧会コンセプト

1845年(江戸後期)に50万平米にも及ぶ敷地に創設された御船山楽園。敷地の境界線上には、日本の巨木7位、樹齢3000年以上の武雄神社の神木である大楠があり、庭園の中心には樹齢300年の大楠がある。御船山を中心とした素晴らしい森の一部を、森の木々を生かしながら造った庭園であることが想像できる。庭園と自然の森との境界線は極めて曖昧で、回遊していく中で森を通ったり、獣道に出くわしたりする。森には、素晴らしい自然の巨石に囲まれた正一位稲荷大明神が祀られ、洞窟には、日本で最初の大僧正である名僧行基が約1300年前に彫ったと伝えられる三仏体の磨崖仏や五百羅漢がある。
そう、300万年もの時間の中で形作られた森や巨石や洞窟、そしてそこに千年以上もの時間をかけて人々が意味を見出してきた上に御船山楽園はあるのだろう。そして、今なお続く自然と人との営みが、森と庭園の境界が曖昧な、この居心地の良い美しい文化的遺産を生んでいるのだ。

チームラボは、「Digitized Nature」というアートプロジェクトを行っている。非物質的であるデジタルアートによって「自然が自然のままアートになる」というプロジェクトだ。

自分という存在は、何十億年という圧倒的な時間の長さの、永遠に繰り返されてきた生命の生と死の連続性の上にある。しかし、日常では、なかなかそれを知覚することが難しい。
森を探索していた時、圧倒的長い年月をかけて形作られた巨石や洞窟、そして森そのものの造形こそが、長い時間の生命の連続性の形そのものであると気が付いたのだ。今回は、それらを使い、デジタルアートによって、連続性の上にある巨大な生命の塊を創った。
そして、この展覧会場である御船山楽園の、庭園と森との境界の曖昧な場で道を失い、さまよっている時に、長い自然と人との営みの、境界のない連続性の上に自分の存在があることを感じたのだ。

■展示作品

かみさまの御前なる岩に憑依する滝 / Universe of Water Particles on a Sacred Rock
teamLab, 2017, Digitized Nature
作品: https://www.teamlab.art/jp/w/waterparticles-rock/

御船山楽園内、稲荷大明神にある巨岩(高さ3030mm幅4550mm)に滝をプロジェクションした作品。水の動きを物理計算し、滝をシミュレーションし、実際の岩にプロジェクションマッピングしている。

増殖する生命の巨石 / Ever Blossoming Life Rock
teamLab, 2017, Digitized Nature


作品: https://www.teamlab.art/jp/w/ever-blossoming-stone/

御船山楽園苔生す巨岩(高さ4550mm 幅3830mm)にプロジェクションした作品。 長い月日をかけて形作られた巨岩に、花々が永遠に咲いては散っていく。一年間のこの地域の花々が変化していく。花は生まれ、成長し、つぼみをつけ、花を咲かせ、やがて散り、枯れて、消えていく。つまり、花は誕生と死滅を、永遠に繰り返し続ける。 生命は、地球の何十億年という圧倒的な時間のスケールと、生命の永遠に繰り返されてきたサイクルでできている。しかし、人間は、なかなかそれを知覚することが難しい。岩は無機物であり非生命である。しかし、花々の誕生と死滅が永遠に繰り返された時、圧倒的に長い時間をかけてできた岩の造形は、巨大な力強い生命の塊そのものであることに気が付く。

岩割もみじと円相 / Split Rock and Enso
teamLab, 2017, Digitized Nature

作品: https://www.teamlab.art/jp/w/split-rock/

御船山楽園内もみじ生す巨岩(高さ2370mm 幅4700mm)に「円相 / Enso」をプロジェクションした作品。禅における書画のひとつ「円相」(円形を一筆で描いたもの)を空間に一筆(空書)で描いている。空間に描かれた一筆は、空間上で静止しているが、視点が動くことによって、円に見える瞬間が生まれる。「空書」とは、チームラボが設立以来取り組んでいる空間に書く書のこと。書の墨跡が持つ、深さや速さ、力の強さのようなものを、新たな解釈で空間に立体的に再構築している。禅において、円相は、古来は空中に杖などで円圏を描いて表されたりしてきた。そして、悟りや真理、宇宙全体、そして平等性を象徴的に表現したものとされる。 見る人の心を映し出す円でもあり、解釈は見る人に任せられる。

Untitled
teamLab, 2017, Digitized Nature

作品: https://www.teamlab.art/jp/w/rock_group/

小舟と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング / Drawing on the Water Surface Created by the Dance of Koi and Boats – Mifuneyama Rakuen Pond​
teamLab, 2015, Interactive Digitized Nature, 13min 24sec, Sound: Hideaki Takahashi


作品: https://www.teamlab.art/jp/w/mifuneyama/

御船山楽園の池の水面に映像を投影している。水面はセンシングされ、映像は池に浮かんで進む小舟とともにインタラクティブに変化する。魚の群れ全体に意思があるわけではなく、それぞれの魚は、近くの魚のふるまいに影響を受けながら自律的に泳いでいる。また、それぞれの魚は、小舟が静かに浮かんでいると周りに集まり、小舟が動き出すと避けていく。小舟のふるまい、そして他の魚のふるまいの影響を受け魚は泳いでいる。そして、その魚の群れの動きの軌跡によって作品は描かれていく。

Untitled
teamLab, 2017, Digitized Nature

作品: https://www.teamlab.art/jp/w/azalea_forest/

Untitled
teamLab, 2017, Digitized Nature

作品: https://www.teamlab.art/jp/w/cut/

夏桜と夏もみじの呼応する森 / Resonating Forest – Cherry Blossoms and Maple
teamLab, 2017, Interactive Digitized Nature, Sound: Hideaki Takahashi

作品: https://www.teamlab.art/jp/w/resonatingforest-summer/

御船山楽園の桜の森がライトアップされ光り輝く。木々の光は、それぞれ自律しており、ゆっくりと呼吸するかのように強く輝いたり消えたりしている。
木々の光は、鑑賞者が近くを通ると、光の色を変化させ色特有の音色を響かせる。そして、その木の光は、放射状に近隣の木々に伝播していく。伝播した木の光は、同じように音色を響かせながら、次々に隣の木に伝播させ、連続して広がっていく。
森の奥から光が押し寄せてくれば、向こうの方に人がいることを意味する。人々はきっと、同じ空間にいる他の人々の存在を普段より意識するだろう。

呼応するツツジ谷 / Resonating Azalea Valley
teamLab, 2017, Interactive Digitized Nature

作品: https://www.teamlab.art/jp/w/azaleavalley/

御船山楽園のツツジ谷のツツジ5万本がライトアップされ光り輝く。光は、それぞれ自律しており、ゆっくりと呼吸するかのように強く輝いたり消えたりしている。
光は、鑑賞者が近くを通ると、強く輝き、音色を響かせる。そしてその光は、放射状に近隣のツツジ株に伝播していく。伝播した光は、同じように音色を響かせながら、次々に隣のツツジ株に伝播させ、連続して広がっていく。
ツツジ谷の奥から光が押し寄せてくれば、向こうの方に人がいることを意味する。人々はきっと、同じ空間にいる他の人々の存在を普段より意識するだろう。

グラフィティネイチャー – 廃墟の湯屋に住む生き物たち / Graffiti Nature – Living in the Ruins of a Bathhouse
teamLab, 2017, Interactive Digital Installation

作品: https://www.teamlab.art/jp/w/public-bathhouse/

御船山楽園内の今は使われていない旧大浴場内に水をはり、その空間がみんなの描いた様々な生きものたちによって創られる自然の世界になります。あなたが描いた生きものも、この場所のどこかにいます。探してみてください。
生きものたちは、他の生きものを食べたり、食べられたりしながら、共に同じ1つの生態系をつくっています。
あなたが描いて生まれた生きものは、他の生きものを食べると、増えていきます。そして、蝶は、花がある場所で、増えます。生きものたちは、他の生きものに食べられたり、他の生きものを食べれなかったりすると死んでいなくなります。
ワニは人が踏みすぎると死んでしまいます。そして、花は、あなたがじっとしているとたくさん咲きます。逆に、踏んで歩き回ると散ってしまいます。描いて生まれた生きものを探したり、花を咲かせたりしながら、みんなで創っていくこの世界の中を探検してみてください。

記事・画像:PRTIMES

関連記事

ページ上部へ戻る