紹介文のみの「シークレットブック」を販売する新業態のカフェ×本屋

株式会社ドトールコーヒーは、Cafe&Bookの新業態「本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ)」を6月30日(金)に東京メトロ池袋駅直結の駅ビルEsola(エソラ)池袋4階に出店します。

コンセプトは「Coffee Meets Books」。
独自の選書センスで人気の高い「かもめブックス(神楽坂)」代表でエディトリアル・ジェットセット※の柳下恭平氏とコラボレートした、本と珈琲の新しいブランドです。本屋に併設するカフェではなく、喫茶店の中で思いがけない本との出合いや読書の時間を愉しんでいただくため、取り扱う約3,000冊の本は柳下氏が「あらたな本との出合い」をテーマに選書しています。


《シークレットブック》
約3,000冊の書籍のうち、販売する約2,000冊の書籍はすべて梟書茶房(フクロウ ショサボウ)オリジナルブックカバーで袋とじされた「シークレットブック」です。中身は読んでみるまでのお楽しみ。表紙に書かれた紹介文と自分のインスピレーションだけが、運命の一冊と出合う手掛かりです。

記事・画像:PRTIMES

関連記事

ページ上部へ戻る