地域の農産物を使った化粧品開発

地域の農産物を用いた化粧品開発をワンストップ、且つ小ロット製造で提供するサービスを開始しました。今後は、化粧品業界において、地域の農産物を差別化ポイントにしたブランドビジネスを広げるべく、化粧品OEM製造事業を通じて当サービスを展開。

●地域の農産物を用いた化粧品開発の魅力
現在、化粧品のブランド数は増加傾向にあり、約2万5千あると言われています。そのため、化粧品事業を展開する上では、競合商品との差別化が重要なポイントとなります。差別化ポイントはブランドによって様々ですが、「自社オリジナル成分の配合」を訴求できる商品は、ユーザーに対して、特に有効な訴求力を持つことができると考えています。「この商品にしかない」という独自性は、競合商品と比較した際の強い競争力になり得ます。また、自社オリジナル成分を配合した商品の開発ストーリー、そこに紐づく美容理論を訴求できるため、ブランドのプロモーションに有効であるとも言えます。

●地域の農産物を用いた化粧品開発の課題
地域の農産物を用いて化粧品事業を始める場合、小ロット製造でテスト的に事業をスタートするケースが多いです。しかしながら、少量加工に対応している原料加工会社は限られます。また、新たに化粧品を開発する際には、肌トラブルを予測回避するために、商品の安全性を確認する必要があります。しかしながら、ほとんどの企業が安全性の確認試験を実施する施設や技術を持ち合わせていません。そのため、安全性の確認を社外施設へ試験委託しなければならず、新商品や新原料を開発する毎に数十万のコストが発生するのです。このような課題があるため、地域の農産物を用いた化粧品開発は魅力的である一方、新規スタートアップ企業にとって、参入のハードルが高くなっているのが現状です。

記事:PRTIMES
画像:safe cosmetics

関連記事

ページ上部へ戻る