インバウンドの集客対策にSNS、特にFacebookを活用すべき理由

インバウンド施策本当に長期的な結果に繋がっていますか?インフルエンサー依存への危険!

    まず、昨年からどこの自治体も企業も下記のような施策にお金をかけていながら、その後効果検証もしっかりできていないまま終わってしまっているように思います。

  • 海外のインフルエンサーをとりあえず呼べばいい
  • とりあえず何千万もかけてかっこいいPR動画を作る

もちろん、インフルエンサーやかっこいい動画を作ることに意味がないとは言いません。しかしながら、これらの施策においてはその後の運用設計がしっかりしていないと、費用対効果が見合わないことになりかねません。自己満足なPRになっていないでしょうか?翌年に続く施策になっているでしょうか?

インバウンド対策を始めるにあたって、まずは集客・プロモーションを考えると思います。その上で、上記のような施策について、「インフルエンサーを呼んだあと」「動画を作ったあと」を設計せずに多額の予算をかけても、なかなか思ったような効果を実感できていなかったり、一時的な効果しか見えていなかったりする自治体や企業が多いのではないかと思っています。そんな中、やはり一時的な発信や、自己満足で一方的な発信ではなくて、継続的な発信とコミュニケーションが非常に重要 だと確信しています。

SNSがインバウンドマーケティングでは特に重要な理由とは?

まず、インバウンドは一時的に取り組むものではない のは皆様もご承知のところかと思います。インバウンドは今だけやオリンピックまでの一時的なものではなくて、急激に人口が減少する日本では、全自治体・全企業が今後継続的に取り組んでいく必要があるテーマになります。その中で、一時的な発信やただ自己満足な情報だけを発信しているだけでは継続的な集客施策にはなりません。そこで、ぜひ皆さんの施策の軸にSNSを設計していただきたいと思います。

理由は、下記です。
SNSがインバウンドマーケティングでは特に重要な理由その1:継続的な発信
一時的ではなく、持続的に永久に自分たちの世界中にコンテンツを発信できる。

SNSがインバウンドマーケティングでは特に重要な理由その2:コミュニケーション
一方的な発信ではなく、ファンとコミュニケーションをとることができる。

SNSがインバウンドマーケティングでは特に重要な理由その3:ファンの囲い込み
自分たちのブランドのファンを囲って、増やしていくことができる。

【重要なこと!】
結論として、一時的な盛り上がりや発信ではなく、自分達のブランドを継続的に発信していくことによるブランディングと継続的なファン獲得が重要 なのです。ただ戦略なく情報を発信しているだけでは、外国の方は選択肢や情報が多い中であなたのところには来てくれません。ブランディングの確立とあなたの地域やサービスの熱狂的ファンの育成・囲い込みにより、世界中のファンを囲った、自分たちのオリジナルのメディアの構築により、“ここに行きたい!”“これが欲しい!”という“目的”にしてもらうことが重要 なのです。

ブランドを作っていく、SNSで”熱狂的ファンを囲った自分たちのメディア”を作っていく手法やポイントについてはまた次の機会にご紹介させていただきたいと思います。多数あるSNSの中でも、特にFacebookをインバウンド施策の軸にぜひ据えていただきたいと思っています。

Facebookをインバウンドマーケティングの軸に据える必要性

私はこの数年様々なインバウンドの集客手法を試してきましたが、今はまず初めに、Facebookをしっかり取り組むことが最重要だと思っています。その理由は下記です。

Facebookをインバウンドマーケティングの軸に据えるべき理由その1:世界中へリーチが可能!世界での圧倒的ユーザー数

中国の大陸を除いては、台湾や香港、東南アジアを含め欧米や南米など、様々な国のユーザーへ訪日前からリーチし、コミュニケーションが可能 です。ここはどこをターゲットとする場合でも有効ですので、将来的に徐々にターゲット地域を増やしていくような戦略も可能になります。

Facebookをインバウンドマーケティングの軸に据えるべき理由その2:ターゲティングの精度がダントツに高い!

ここが一番Facebookをお勧めする理由です。Facebook広告を活用した場合、Facebookの持つビッグデータを使って、ピンポイントで狙った国の狙った層のユーザーへ訪日前・訪日中・訪日後で訴求ができます。 Facebookは実名制ということもありますが、AIも入っていると言われ、そのターゲティング制度は、他の媒体と比較しても群を抜く、圧倒的な高さです。
国や性別・趣味嗜好、行動データ、今いる場所、富裕層のレベルなど・・・ かなり細かくターゲティングできるので、日本に来る前から自分たちのターゲットになる層飲みに絞ってファンになってもらい、継続的に情報を見てもらうことができます。ここが他のSNSとは圧倒的に違うポイントなのです。

Facebookをインバウンドマーケティングの軸に据えるべき理由その3:マーケティングに活用しやすい

Facebookはマーケティングしやすいような様々な機能が日々増えており、写真や動画テキストを活用しながら、自分たちの目標に合わせて様々な使い方が可能です。最近ではリアルタイム配信などもとても有効です。

Facebook広告を使って目標設定できること

    下記の目標を設定し、それぞれに合わせた広告の出し方や設定・運用が可能です。

  • ファンの獲得を伸ばす
  • 動画の再生数を伸ばす
  • ECの購入数を伸ばす
  • アプリのダウンロードを伸ばす
  • 訪日前からのweb予約数を伸ばす
  • HPやサイトへのアクセス数を伸ばす
  • 記事の閲覧数やいいねの数を伸ばす
  • ユーザーからの具体的な問い合わせを増やす
  • BtoBの問い合わせを増やす
  • イベントや店舗への集客を増やす
  • クーポンのダウンロードや利用を伸ばす

記事:訪日ラボ
画像:Techcrunch

関連記事

ページ上部へ戻る