マイナス30度の幻想的な氷の街「アイスヴィレッジ」

北海道最大級の滞在型スノーリゾート「星野リゾート トマム」に、2017年12月10日~2018年3月中旬までの期間、氷の街「アイスヴィレッジ」が登場します。最低気温が氷点下30度にも達するトマムの冬に現れ、3.2ヘクタールの面積に12棟の氷に囲まれたドームが並ぶ氷の街です。ドームでは、寒さや雪、氷をテーマとした体験が可能です。今年は、氷のグラスでお酒を味わえる「バーアイスウッド」が場所やドームの内観も変えてリニューアルし、氷の世界観を楽しめる雰囲気を演出します。その他、氷や雪をテーマとしたスイーツを提供する「氷のスイーツカフェ」、氷の花で店内を飾った「氷のフラワーギャラリー」など、寒さを活かした体験ができます。冬の平均気温が氷点下15度前後であるトマムだからこそ実現できる、冬期限定の氷の世界です。

記事・画像:Value Press

関連記事

ページ上部へ戻る