「一緒にコーヒーはいかがですか?」 話しかけてくるバス停の広告

バス停に人がやってくると、サイネージに映る老人男性が「Hi」と話しかけてきます。独り暮らしの彼は、バスを待っている市民に“一緒にコーヒーを飲もう”と誘います。

“ぜひ一緒に飲もう!”という答えをしたバス停待ちの乗客には、サイネージ映像内でのカップを注ぐ動きに連動して、ディスプレイの下部にある注ぎ口から実際にコーヒーが出てくるようになっています。

記事・画像:adgang

関連記事

ページ上部へ戻る